<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自家製ウコン茶作り

一昨年の今頃、親戚のおばちゃんからもらっていたうこん。
5月頃に植え付けて、そのまま1年株を太らせておいて、今年ようやく収穫してみました。
地上部の茎や葉が黄色く枯れてくる11月が採り時。

c0099311_8535920.jpg


根っこを切って、きれいに洗ったら薄くスライスして天日干し。

これを煎じて飲めばウコン茶のできあがりです。
生のままの場合はすりおろして、ターメリックとしてカレーやスープなどの料理に使ってもいいみたい。

ビタミンAが豊富なので妊婦にはあまりおすすめできませんが、私以外の酒飲みの友人たちの肝臓をきっといたわってくれることでしょう。

ああ、早く私も飲みたい。。

c0099311_8542159.jpg




rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-19 08:56 | rinacoの農業塾

しょうが大量収穫

c0099311_2013954.jpg


むらさきカブに続き、こちらも初収穫のしょうが。
堀りたてのしょうがは一面にスパイシーな強い香りが漂ってびっくり!
今まで、ショウガの香りにこんなに感動したことはなかったかも。
たまに追肥する程度でほぼ放任で育てた感じだったけど、立派なしょうが大量収穫です。

あんまりあっても使いきれないので、早速、ジャム作り。
茎とヒゲ根を取ってきれいに洗い、皮付きのままバーミックスできめ細かくおろしたら(もちろんおろし器でもOK)、黒糖と三温糖、お水とレモン汁と一緒に鍋に入れて、まったりした状態になるまで弱火で練る。

c0099311_201175.jpg


冷めたらかなりとろみが強まってジャム状に。
加熱してもショウガの香りやジューシーさは変わらないみたい。
お湯で溶いて飲めば風味豊かなショウガ湯に、ホットミルクに入れてもおいしいです。

今回作った配合は
ショウガ1:黒糖と三温糖あわせて1:水1:レモン汁適量
好みで甘みをきび糖や蜂蜜に替えても良さそう。

男子なのに冷え性のべじっぱらちゃんにも大好評でした。
寝る前に飲んで身体ぽかぽか。
寒いこの時期、おすすめです。

c0099311_2021377.jpg


rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-15 20:05 | 畑からの手紙

11月13日

妊娠9ヶ月に入り、さすがに体が重くて、背中や腰がとてつもなく痛む日々。
あまりの痛さに診てもらったら、赤ちゃんが下に降りてきていて早産傾向にあるので、極力横になっているようにとのこと(なぜか横になると赤ちゃんが上に上がるので、痛みがなくなるらしい)。
その言葉にちょっとびびってしまったものの、懲りずに畑へ。
この日は4人フルメンバー揃ったので、重労働の畝立てや豆のネット張りなどはsatomin&ベジオさんにお任せして、もっぱら収穫中心の楽しい作業担当に甘えさせてもらいました。(どうもすんません)

c0099311_2193595.jpg


2週間ほど前まではまだ赤ちゃんサイズだったカブも、ピチピチした大人に成長。
この時期は肉質も柔らかいし、きめの細かいお肌で、まさに食べ頃。
あんまり大きくなりすぎると、トウが立って筋っぽくなってしまうんですよね。(人間と一緒ですね。悲しい。)
ヨーロッパ産のむらさきカブも、日光にあたったところだけが薄紫に色づいて、白とのコントラストがとてもきれい。

初栽培の品種なので、とりあえずタコと一緒にマリネにしてみました。調味料はEXバージンオイルと塩、胡椒、ワインビネガーのみ。
甘みがあって優しい味です。

c0099311_21113432.jpg

こちらも自家採種用に種を残しておかなければ。(また来週も畑へ行く気満々)



rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-14 21:12 | 畑からの手紙

ふたば、アレコレ

ひと袋に、レタス系の品種あれこれが、ミックスされた種を蒔いた。

紫が入っているサニーレタス。

ふたばの時から紫。

三つ子の魂、百まで。

c0099311_138172.jpg



そして、高菜の新芽。

畑歴も5年ほどになるけれど、学ばない私。

またまた種を蒔きすぎ!

c0099311_1383222.jpg


ああ、もどかしすぎる、間引きをするはめに。



とは言え、同じように蒔いても、
まばらにしか発芽しない時もあるし。


畑を5年やっても、
この時期の種まきは5回しか経験ないわけだし。

ブツブツつぶやきながら、ブツブツふたばを抜きました。

特に、解決策は立てないまま、
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-08 13:16 | 畑からの手紙

素朴なスイートポテト

10月に掘り上げたさつまいも。

芋天、お味噌汁、芋天、お味噌汁のループから、やっと抜け出しました!


c0099311_15323355.jpg



超かんたん、その分素朴なスイートポテト。

これは拳(こぶし)大。
バクダンおにぎりくらいかなあ。

他にも、全長20センチほどの、
どでかスイートポテトを作って、ナツの家に持っていったり。

『ゆでる』『焼く』の作業をのぞけば、10分もかからずできますよ〜。

1/適当な大きさに切って、水にさらしたサツマイモをゆでる。
2/ゆであがったら、マッシュ。裏ごしなどしなくてOK!
3/好みの甘さまで、お砂糖やはちみつを入れる。塩も少々入れる
(今回は、さつまいも中サイズ3個に、てん菜糖大さじ1、はちみつ大さじ1くらい)
4/あれば、バターを入れる
(今回は、20g入れました)
5/好きな大きさに整形して、表面に卵黄を塗り、200度オーブンで20分くらい。
(ウチのオーブンは20年選手なので、アテにしないでください!)
6/できあがり!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-04 15:38 | 野菜レシピ/根菜