<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

当たり前で、不思議な状況

15歳の頃からのトモダチ、Sから、荷物届く。
c0099311_10142462.jpg


なんと、立派なずっしり重い、冬瓜!
ありがとう!!

c0099311_10145592.jpg

嫁サンと埼玉の郊外に一軒家を借りて、畑をやりはじめたとか。

Sは、もともとレンコン掘りとか、コンニャク掘りとか、遺跡発掘とか、
アウトドアな仕事(てか、掘ってばっかり)が好きだったので、
土仕事とは相性ばっちりでしょう。

それにしても、10代から、おつきあいのあるみなさん。
最近、かなり、畑づいております。

Sと同じく、同級生系親友のYちゃんは千葉で畑を探してるし、
その弟のトモくんはベジコ畑の一角で野菜を育て始めたし(笑)。
Aくんはホントに夫婦で田舎に移住。

さらに、20代前半までアルバイトしてたRitzのTADAさんは今やベジタリアン!
その周辺の面々も、畑やったり、就農したり、続々と。

みなさん、共通していえるのは、
音楽と夜遊びが大好きだった(そして今もたぶんそれは変わらない)ってこと。
そうゆう感じの流れって、あるんかな〜???

この状況、自然で、当たり前だけど、ちょっと不思議……

などと考えている、秋雨の日でした。

最近、カラカラだったんで、恵みの雨です!!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-30 10:35 | satominトーーク!

ナスの簡単消費法

最近giに入った、24歳のかわいらしいスタッフのHちゃんから、
ナスのおいしいレシピを教えてもらいました。

c0099311_2241438.jpg


1 熱湯で皮のまま丸ごとナスを茹でて、柔らかくなったら食べやすい大きさに手で裂く。
2 このナスを醤油、にんにくのすりおろし、ごま油を混ぜたものに入れて和えるだけ。

予想以上に美味しくてびっくり。

ちなみに写真は、長ナス2本を使用。2の調味料液にコチュジャン少々と、たっぷりのすりごまを加え、最後に水にさらした大葉の千切りをのせてちょっとアレンジ。

こっちもピリ辛で美味し~
ビールにもご飯にも合いますよ。

コツはナスが温かいうちに、液に漬け込むこと。ゴマ油は多めに。
裂く時は熱いので指をやけどしないよう要注意です(私は何度か叫びながら裂きました)

秋ナスの美味しいこの時期、おすすめです。

Hちゃんどうもありがとう~
よか嫁になれるよ~

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-28 22:43 | 野菜レシピ/実もの

最近の畑報告

この時期、一番美味しい野菜と言えば、ナス!
朝晩の気温の変化で、夏よりもぐっと美味しくなるんですよ。
いわゆる秋ナスですね。
トマトはだめだったけど、夏の終わりに選定していたナスは元気復活。
ちょっとカブトムシ的な光沢が気になるところだけど、
見た目もみずみずしくて、畑の中でとびきり輝いてます。

c0099311_2347383.jpg


その他、畑はすっかり秋支度。

c0099311_23552312.jpg


畝もきれいに生まれ変わって、日々、種まきやら苗の植え付けで大忙しです。
大根、ニンジン、カブ、ブロッコリー、カリフラワー、ジャガイモ、春菊、ルッコラ、
タアサイ、九条ネギ、などなど、11月頃には収穫予定の秋野菜たち。
またまたおうちカフェ・日和さんでのイベント勝手に妄想中。。


rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-23 23:57 | 畑からの手紙

もう秋なのに

今頃、ようやく初収穫にして最後の収穫だと思われるイタリアントマト。
今年はたくさん作ってドライにしようと、何本もの苗を植えつけたにも
関わらず、長梅雨と日照不足で、夏の間一度も収穫ができず。
この日採れたのもたったのこれだけ。

c0099311_21185940.jpg


寂しい。。。

気休め的な量だけど、これでトマトソースを作って、夏を終わらせようと思います。(ていうかもう秋ですね)



rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-21 21:20 | 畑からの手紙

そうだ、久留米行こう

最近、あんまりしらない街で飲むのが好きです。

昨日は、西区までバスで麻婆豆腐を食べに行き、紹興酒をチビチビ。

そんな“遠出飲み”で今、いちばん行きたい場所は、久留米。



ここんとこ、仕事で3〜4回、通ってますが、
行けば行くほど、飲むのに最適な街のような気がしてきた。

なんというか、街の規模も、ぐるぐる巡るにちょうどいいし、
もう福岡にはあんまりない、ディープな場末っぽい雰囲気のさじ加減がちょうどいい。

企業クラスの飲食店でなく、店主がしっかりカウンターに立ってる店も多そうだし。


万金粉と悪徳屋さんが目立ってた、
1990年代初頭の大名っぽい雰囲気がまだあるんだなあ。


本来、懐かしむという行為が、あんまり好きじゃない私ですが、
久留米に行くと、じわじわーと懐かしんでしまうのです。

c0099311_11553613.jpg

(写真は久留米の空豆さんにて)

さて久留米飲み、週末はイロイロ用事もあるし、まずは平日ですかねー。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-18 11:59 | satominトーーク!

いちじく黒酢

私たちが子どもだった頃。
今から30年くらい前。

近所のお家の庭には、いろんな果樹が植わっていました。

いちばん激しく外遊びをする小学校中学年の頃は、
父の仕事の関係で長崎に住んでいたので、
特にびわの木にはこと欠かなかったなあ…。

当時の長崎の子どもたちの中には、
「びわ、ぐみ、いちぢくは買って食べるもんじゃなかさねー」
という意識が、きっとあったと思う。

「びわ、ぐみ、いちぢく」は近所のおばちゃんがもがせてくれるか、
もしくは、堂々と勝手にもいで、食べるものだったような。

みかんも、みかん山に遊びに行って、眺めのいい斜面に座って勝手に食べてた。

枯れ草の上に、オレンジ色の皮を散らかしてた。


…えと、これ、犯罪っすかね?


そんな、子どもたちのつまみぐいなどに、目くじらたてない、
いい時代といい地域の感覚を共有しているYくんが、
実家の庭にたっぷりなった、いちぢくをくれました。

家のいちぢくらしく、思いきり完熟なので、日もちはしない。

半分くらい、そのままいただいて、残りは黒酢にどぼん。

c0099311_18574729.jpg


お酢は、10分ほどで、雑菌を殺菌してくれるそうなので、
少々いたんだ部分も、気にせず入れた。

c0099311_18584072.jpg


この色、いいなあ。

ざくろも食べたくなった。

秋ですね。

ごちそうさま。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-15 18:59 | satominトーーク!

ユズとバンデル星人

自宅にある一本のユズの木。
まだ我が家にきて1年目ですが、頑張って1個だけ実をつけました。

でもなぜか下にキノコらしき物体が突如出現。

c0099311_22382388.jpg


そして翌朝

c0099311_22402333.jpg


なんと一夜にして巨大化。しかもバンデル星人似。


ということで、ユズとバンデル星人が共存中です。

c0099311_22373279.jpg


参考までに、本物のバンデル星人。

c0099311_22362227.jpg


ちなみに翌日はこのバンデル星人、自己消滅。

つかの間の出会いでした。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-14 22:45 | rinacoトーーク!

マエダさん、来たる!

手の間などで活躍中の
フリーランスのライターさん、マエダさんが、
わざわざベジコ畑にやってきてくれました。

ナガグツ三十路シスターズ♪
c0099311_21522710.jpg


ベジコで記事を書いてくれるそうですよ〜。

マエダさんは、とても波長が素敵な方で、すっかりこちらもリラックス。

その日は、1日中、ご一緒しましたが、
前から見知っている方のような感覚。。

お知り合いになれたことで、また、なにかおもしろいことが起こりそう。
起こるといいなあ!

記事については、また詳しいことが分りましたら、
報告させていただきます!!!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-14 21:55 | satominトーーク!

引き続きうりずん豆

satomon家に続きまたもや四角豆。

収穫時期だから、頑張って食べんといかんとです。

今回はシーチキンとあわせてサラダにしてみました。

c0099311_2035741.jpg


さっと茹でて薄く斜め切りにした四角豆を、大葉みじん切り、ネギ小口切り、
シーチキン、マヨネーズ、塩少々と一緒に混ぜ合わせて、最後にカボスを
ギュッと絞るだけの簡単サラダ。

カボスの香りが大葉やネギの香りとマッチして、秋を感じさせるいい香り。
アクセントに荒引きコショウを振っても。

なかなか使えるこの四角豆も、食べられるのは再来週くらいまでかな~


rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-07 20:41 | 野菜レシピ/実もの

堆肥の種類

化粧水は、お肌の水分補給のために。
クリームは、お肌の乾燥防止のために。

のように、

鶏糞堆肥は、野菜を成長させるために。
牛糞堆肥は、土壌を改良するために。

使うのだそうです。

ベジコでは、畑近所の優しご夫婦と牛さんのいる乳牛牧場にて、
牛糞堆肥をおすそわけしてもらっています。

堆肥も、地産地消でいけてます!



c0099311_15121293.jpg

今日も、たくさんもらっちゃった。



功労者は、キミか?
c0099311_15123634.jpg


それとも、キミか?
c0099311_1513037.jpg


いつも、おつかれさまです!



デドコロがしっかり分るものは、
信頼できますね!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-09-06 15:14 | 畑からの手紙