<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

花見から、葉見に

若葉がいきいき。
c0099311_20582727.jpg

昨日、ベジオと福岡市動植物園に、昼ご飯を食べにおでかけ。
子どもがいっぱい。久々の休日らしい休日です。
c0099311_20585956.jpg


あ、お弁当の写真、撮りわすれた…!!

大学のサークルの新入生歓迎ピクニックなどもあってました。

お花見の時期って、ちと寒いから、今くらいの方が気持ちいいですね〜。
たまには、のんびり…に満足!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-30 20:59 | satominトーーク!

ベジコ沖縄化計画

知人のIさんが沖縄に遊びに行くと聞きつけ、
図々しくも沖縄野菜の苗をお土産におねだり。

心優しいIさん、色々探して島ラッキョウとニンニクの苗を買ってきてくれました。
さっそく干して、夏の植えつけに備え、準備万端。

島ニンニク
c0099311_2033510.jpg

島ラッキョウ
c0099311_2034851.jpg


本当はニガナも欲しかったけど、地元の人いわく農家の方から苗を分けてもらう以外
手に入らないらしく断念。(ネット販売では売られてるんですけどね)

島人参の種はすでに手に入れたし、イタリアン&沖縄野菜が少しずつベジコの仲間入り。
一体どんな畑になることやら。

rinaco

「福岡ベジコの“新たまねぎ”お試し販売会」

●4月25日(金)〜29日(祝・火)
●福岡市中央区浄水通  オシャレな久留米かすりショップgi(ギィー)
●やわらかくってみずみずしい、新玉ねぎを販売します。掘りたての味の違いをどうぞ。
●「デザイニング展」の一環として、参加させていただきます。

[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-25 20:01 | rinacoトーーク!

新たまねぎ 販売します! その2

今ごろrinacoは、野菜のパッケージングでアタフタのはず。。
私、satominは、文字どおり、デスクにかじりつき、
GW前の仕事(本職)を、メッタ斬りにしております。

なので、ブログにて応援です!

イベントのお知らせ

「福岡ベジコの“新たまねぎ”お試し販売会」

●4月25日(金)〜29日(祝・火)
●福岡市中央区浄水通  オシャレな久留米かすりショップgi(ギィー)
●やわらかくってみずみずしい、新玉ねぎを販売します。掘りたての味の違いをどうぞ。
●「デザイニング展」の一環として、参加させていただきます。


……文字をグリーンにできることを、はじめて知りました。。。。(照)
c0099311_9373144.jpg


新たまねぎに加え、今が食べごろの葉もの野菜、ハーブ、ラディッシュなどもお届けします。

写真はイタリアンパセリとラディッシュ。

【イタリアンパセリ】
普通のパセリより苦味が少なく、どんな食材にも合いやすい。
飾りつけや、生食が一般的ですが、私は火を通す派です。

それまで隠れていた、甘〜い香りが引き立つんですよー。
シナモン、クローブ、、そんなスパイスを加えたような味になります。

例えば、豚の薄切り肉とさっと炒めるだけで、オサレな料理に。
レモンをぎゅっとしぼっても、おいしい〜。

じゃあ、rinaco、ちばれよ〜〜〜!!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-25 09:37 | 次の販売日はコチラ

新玉ねぎ 販売します!

イベントのお知らせ

「福岡ベジコの“新たまねぎ”お試し販売会」

●4月25日(金)〜29日(祝・火)
●福岡市中央区浄水通  オシャレな久留米かすりショップgi(ギィー)
●やわらかくってみずみずしい、新玉ねぎを販売します。掘りたての味の違いをどうぞ。
●「デザイニング展」の一環として、参加させていただきます。


c0099311_14344969.jpg


まるっとしてます。
当日は、おヒゲをとって、もうちょっとオシャレしてきますよ。

昨日の雨がやんで、収穫には、ありがたい晴天。
紫外線もすごそう。

たとえ、アネッサをぬって、エビちゃん気分でも、、

こんなほっかむりや、
c0099311_14351323.jpg


あんなほっかむりで、収穫。
c0099311_14353064.jpg


落ち着くところは、コレですかね!?
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-24 14:45 | 次の販売日はコチラ

うみゃい! アサリの皿うどん レシピ

バター焼き×1、ボンゴレスパゲッティ×2、貝汁×2。
定番アサリ料理、5セットをこなした後、ラストを飾るのは……。

c0099311_9103844.jpg

アサリが主役の皿うどん(もちろん、ちゃんぽん麺)。

皿うどん、ちゃんぽんの類いに“海鮮の具はマスト”。
というローカルルール(!?)、九州人のみなさんはご存知ですよねー?

今回、むしろ、豚肉なんていらないんじゃね?ってほど、
出汁がギンギンでおいしかった〜。

合わせたのは、柔らかくて甘い、春キャベツ&新玉ねぎ。

そして、皿うどん気分がグッとあがる、ピンクのかまぼこ。
こんな時は、着色料なんぞ、気にしないタチ!

久しぶりに白米を炊いたんで、どうしても食べたくて、、皿うどんライス定食に。

もう、お腹パンッパン。皮が、びよーーんと伸びました。

--------------------------------------------------------------------
◎アサリの皿うどん レシピ
1/ フライパンをカンカンに熱して、大量の野菜類を入れる。
(昨日は、麺1玉に対して、キャベツ1/4、玉ねぎ1/2。油はちょろっとで充分。)
2/ 野菜の上に、ちゃんぽん麺を置く。酒をかけまわし、フライパンにフタをして、蒸し焼きに。
3/ 麺がほぐれてきたら、アサリを投入。またフタをする。
4/ アサリがひらいてきたかな〜ってくらいのタイミングで、フタを取る。
5/ アサリ&野菜から出てきた汁を、チャンポン麺に吸わせるようにして、
    汁気がなくなるまで炒める。
6/ お好みでコショウを。アサリから塩気が出るので、塩はいらないかも。
    濃い味好きな人は、おしょうゆたらしてもgood。

※アサリは遅めに投入し、火が通りすぎないようにするのがポイント!かなー。
※ボンゴレスパゲッティでお皿の底に残ったスープを取ってたんで(セ、セコイ…)、
   これも入れちゃって、味付けしました。

------------------------------------------------------------------------------------
c0099311_9241410.jpg

出窓でお待ちかねのトマト苗。
今週はいよいよ植え付けです。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-22 09:24 | 野菜レシピ/葉もの

貝掘り @有明海

泥の海。
これはこれで、美しい。
c0099311_1055914.jpg


筑後のK賀さんのお誘いで、貝掘りに行きました!

ベジオ、カッパに着替えて、大興奮。
c0099311_1061884.jpg


船で沖まで行って、潮が引くのをウェイティング。
海が干潟に変わったトコロで、ザクザク貝を掘ります。

干満の差は、6メートル近くあるんだとか〜。

待ち時間には、K賀さんちのI子さんが作ってくれた、おされなお弁当&ビール。
洋風おかずがおひつに入って、貝掘りのシチュエーションにぴったんこ!

女性たちの結論…。
人がつくったお弁当はおいしい。特におにぎり! でした。
c0099311_1072537.jpg


長靴で、入れるくらいになったら、海にIN。
泥の海は、この後すぐに、泥となり、、、。
c0099311_1063662.jpg


2時間くらいで大豊漁☆
帰りは、船頭さんが船を爆走させるというアトラクションも。
女のコも、子どもも、おじさんも、キャーキャーです。
c0099311_1064927.jpg


砂抜き後、さっそく、お腹の中に入れましたとさ。
若々しい香りで、いくらでも食べられます!
c0099311_1075883.jpg


K賀さん、お世話になりました〜。
また来年も、呼んでください。

-----------------------------------
貝掘りの船を出してくれた、のり農家のMさん。
その息子さん(後継ぎ宣言した高校3年生)は、すでに船の免許を持っていて、
海上をブンブンと爆走するする!!!
船の免許は16歳で取得できるそうです。
バイクの免許も禁止されちゃってる街の高校生とはスケールが違う〜と、
妙にうらやましかったです。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-21 10:12 | satominトーーク!

カブ 間引き菜の炒め煮

かぶには、間引かれるコと、そうじゃないコがいるんですが。
実は、間引かれたコの方が好きだったりする。
c0099311_183254.jpg


野菜も人も、赤ちゃん時代がカワイイね♪

c0099311_1834845.jpg


間引いたカブはもちろん捨てることなく、余すことなく。
エコとか、mottainaiじゃありません。

理由は、おいしいから!!!!!!!!!!!!
しかも、買って手に入るもんじゃないしね、間引き菜は〜。

あ、写真見てたら、ツバでてきた…。

----------------------------------------
カブの炒め煮レシピ(簡単すぎて、公開するほどじゃないんだけどねッ)
1/カブと葉をわけて、よーく洗う。
2/ごま油でカブを先に炒めて、日本酒を少々ふり、ちょい蒸し状態に。
3/軽く火が通ったら、油揚げ、適当に切った葉をどばっと入れる(強火で)。
4/お好みで、和風だしの素をパラパラリ。本物の出汁なら尚よろしい。
5/しんなりしたら、醤油をジュッとたらして、香りづけ。できあがり。
5分でできます。

----------------------------------------

ついでに堆肥小屋の設計図をひいてみた。
レベルは、ガキの使い…。
c0099311_1818896.jpg

[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-18 18:12 | 野菜レシピ/葉もの

野望 その2

近々借りる予定のニューファーム。

satominの写真の通り、かなりの荒れ地です。

これは土づくりだけでも何年もかかってしまいそう。

でもゼロからやるのがまた楽しみだったりして。

rinacoの希望は単なる菜園ではなく、ハーブや果樹をとり交ぜた ポタジェ風

これにsatomin希望の小さな休憩小屋なんかあったら最高!

そして敷地内に堆肥や腐葉土を作るコーナーも設けちゃったりなんかして。
妄想がぐいぐい広がり中です。

堆肥はミミズを使った作り方でやってみたいなあ。
果樹はレモン、ライム、ブルーベリー、サクランボ、キンカン希望。
ハーブはナスタチウムやチャイブなんかのコンパニオンプランツを中心に植えて、
虫から野菜への防御&景観に一役買っていただきたいところ。
あ、あとイタリアンに使えるハーブも必須。
畑の一角は広めにお芋コーナーにして、近くの子供たちにイモ掘り体験で喜んでもらったり、掘れたてのサツマイモをその場で焼き芋にしても楽しそう。

いろんな人の協力と教えを請いながら、みんなで楽しく、すこーしづつこんな理想の場所にしていきたい。

satominよろしくお願いします。

夢みるrinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-18 08:56 | NEW畑 開拓中!

トマト危うし

去年、種からの栽培で見事成功したイタリアントマト。
今年も調子に乗って種から苗づくりに挑戦してきましたが・・。

今年の春はずっと寒かった。
3月に入っても雪が降ったり、寒ーい日が続きました。
おかげで暑いのが好きなイタリアントマトさん、なかなか芽を出さず、、。

もう4月だというのにまだこんなひよっこです。

c0099311_15351479.jpg


室内で温度管理したり、可愛がってきた甲斐もなく、まだ背丈7センチほど。
たしか昨年は4月の時点で蕾が付いていたような。
遅くても5月には一番花のついた苗を畑に植え付けなければ間に合わない。

今年はたくさん収穫してドライトマトにする野望、危うしです。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-17 15:35 | 畑からの手紙

ぶりっとパワフル  パセリくん

50円くらいで売られていた苗を、畑のすみっこに植えていたら、
巨大なパセリになっています。
c0099311_1323048.jpg

スクスク育ちすぎやろ〜。

植木鉢じゃ、おんなじように世話しても、こうはいかない。
地球とつながってる、土のチカラってすごいねー。

c0099311_1330532.jpg

市販されている1袋くらいの葉っぱが、茎1本についてる感じ。

茎をハサミで切る時、「ベチンッ!!」っていう、
とてもパセリとは思えない音がします♪

大味っぽい見た目ですが、苦味のなかに芳醇な甘味あり…。
と、ビールの宣伝文句みたいな味です。

さて、この大量のパセリ、
消費するにはパセリソースがいちばん。

「パセリ大量消費ソースのレシピ」
1・パセリ好きなだけ&にんにく好きなだけをみじん切りにする。
2・バター&オリーブオイルで、かなりしんなりするまでいためる。
3・白ワインかお酒を少々ふれば、よりしんなり&おいしく。
4・塩コショウ味もよし、お醤油たらしてバター醤油味もよし。
5・豚カツ用の豚肉をグリルしたのに、たっぷりぬりぬりして食べるとおいしいです!!
   もちろん、パスタやお魚のオイル焼きにも☆

-----------------------------------------------
イベントのお知らせ
「福岡ベジコの“新たまねぎ”お試し販売会」
●4月25日(金)〜29日(祝・火)
●福岡市中央区浄水通  オシャレな久留米かすりショップgi(ギィー)
●やわらかくってみずみずしい、新玉ねぎを販売します。掘りたての味の違いをどうぞ。
「デザイニング展」の一環として、参加させていただきます。
●やわらかくってみずみずしい、新玉ねぎを販売します。掘りたてです。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-04-16 13:26 | 畑からの手紙