<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

落花生の収穫(ちょこっと…)

c0099311_12413817.jpg

今年、はじめて育てた落花生。
収穫のタイミングもよく分からないながら、
ちょっと掘り起こしてみたところ、おお!できていました。

土の中から、ポロポロポロ…。
かわいい。。。

といっても、モグラか何かにそうとう食い荒らされていたので、
収穫量はちょこっと。

来年育てるならば、対策を考えねば!!

そして、もうひとつの砂地の畑の落花生も掘り起こしたんですが、
なぜかコチラは、まったく育っていない!!!! ガビーンです。

落花生は砂地の方がよく育つと聞いていたのにぃ。
ほんと、土の中で育つ作物は、生育途中の実態がよーワカランので困り者。

今年の秋は、試練です。

でもでも、茹でてさっそく食べたんですが、おいしい〜。
いい豆に当たると、ピーナッツというより、ピーナッツ豆腐っぽい濃厚さがありました!!

食べ過ぎて、ニキビ、いや吹き出物(と呼ぶべき齢か)を作らないようにしなきゃです。

satomin
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-30 12:49 | 畑からの手紙

ちょいとご挨拶に

先日からお世話になっている、食卓の向こう側のイベントのご挨拶にイムズへ。
奥広いスペースの中には九州各地の自然食品やお野菜、無添加の洗剤などがずらり。
そんな中、ベジコの韓国唐辛子も何気なく仲間入りしてました。
ほんとはお野菜を出したかったんだけどなあ、、、
置いてあるお野菜はどれも福岡県内で頑張っていらっしゃる若い就農者の方々のもの。
20代や30代前半の方が多くてびっくり。
若いのに専業でやられるなんて、強い志と努力がないとなかなかやれるものではないですよね。
なんだかとても刺激されました。
でもそんな中にベジコも参加させてもらっていいのだろうかと、申し訳ない気持ちもちらり。
期間中、何とかお野菜も出せるようになるといいのですが。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-29 17:46

イベント「食卓の向こう側+plus」

森の新聞社のもりちさんのご紹介により、
福岡市中央区天神のイムズ5Fにて開催中のイベント「食卓の向こう側+plus」で、
ベジコの韓国とうがらしを販売させていただいています。

ほんとは、野菜を、、、と思ったんですが、
今年の秋は、ほんとーーに野菜の育ちが悪く、出品できる状態じゃあありまっせん。

でも、11月28日まで、会期が延長されたそうなので、今後、少しでも
野菜をお届けできれば考えています。

「食卓の向こう側」は、西日本新聞朝刊にて連載されていたシリーズ。
私もファンで、冊子になったものを数冊持っています。
ネットにてバックナンバーを読めるので、興味のある方はぜひ!!!

以上、とり急ぎ、お知らせでした〜。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-25 14:51 | satominトーーク!

古いMacって

先週、壊れてしまったiMacを、西通りのappleストアに持っていくと。。

下の名前がアルファベットで書かれた、
日本人30代の感覚ではちょっとはにかむネームカードを
首からぶらさげている店員さんが、にこにこしながら言います。

(余談だけど、あれ、スタッフだけじゃなくて、
TAKAHIRO店長!とかYUUKIマネージャー!とか
エライさんも、そーなのかしら?)

「良かったですねえ。お客さんのiBookより、ひとつ古い機種だと、
もう、修理を受け付けてないんですよ。」
「え? なぜ??」
「DVDソフトのGB数が倍だからです!(だった気がする)」
「へえ〜(DVDはテレビで観る人が多かろーもん…)」



思い起こせば、私が修理に出したiBookを買ったのが、2002年の冬。
そのひとつ古い機種だと、2001年には絶対に出てるハズ。

たった6年で、修理もできないモノになりさがってしまうパソコンってなんなんかなー。
冷蔵庫や洗たく機は、10年、15年、平気でもつのにね。

まさにMOTTAINAI!!!!ですが、新しい機種が便利なのも超・事実!!
と、今、tigerをあやつりながら、実感中です。

とにかく、私と同じ頃にiBookを購入した方、
そろそろ修理不可能になるおそれがあるので、調子悪かったらすぐに直しましょ。

※修理不可能とはappleストア、家電量販店では不可能…ってコト。
ちょいマニアックな専門業者に頼めば、中古品を探して対応してくれます。
と、appleストアのにーちゃんが言ってました。

satomin
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-24 22:29 | satominトーーク!

不幸なできごと

今年初挑戦した落花生。
9月には黄色い可愛い花を咲かせて、幸せ感を醸しだしていたのに。。

この落花生に不幸が襲いかかりました。
なんとピーナッツを食い荒らされています。

c0099311_14465765.jpg


犯人は野犬かモグラか、タヌキといったところでしょう。
土を掘り返され、地中の実もむき出しになり、なんとも汚らしく貧乏くさい姿。

ショック。

一体どうすれば、、
仕方がないのでまた土をかけて手当をしてやりました。というか隠しました。
負けずに頑張れ、落花生。

でも初めてなので、実はrinacoもsatominも収穫時が良くわかっていません・・

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-22 14:47 | 畑からの手紙

「大好きな風景」

農業塾のほ場。
ここで作業をしていると、なぜかいつもたくさんのトンボが集まってきます。
それも大量に。
スプリンクラーの水に反応しているのかな??

虫は大の苦手。
特にトンボをなんてあのギラギラした眼、節ばかりの胴体、モゾモゾと動く口元、細い手足、全てがこの世のものとは思えません。

でもなぜかこの光景だけは大好きなのです。
大空の下で土に触れ、野菜を育て、やわらかな風と共にトンボがあたり一面を飛び回る。
子供のころ見た光景の懐かしさと、自然との一体感というか、
なんだか自分にとっての彼岸の景色のような気になります。

ずっと時間を忘れて眺めてしまう風景。

ということで、かなり頑張ってトンボを撮影してみました。(目は半開きで)

c0099311_947071.jpg


やっぱりまじかで見ると気持ち悪い・・

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-20 09:48

農業塾より

めっきり涼しくなりました。
前回植え付けした白菜や大根、なんとこんなに大きくなりました。

大根です。
c0099311_10385512.jpg


白菜。最初はこんな形。ふつうの菜っ葉みたい。
c0099311_10423464.jpg


でも順調!!と喜んでいるのは塾生の私たちだけ。
先生はいたって冷静。

「冬野菜の勝負はこれからです。これからが気を抜けない。
白菜はきれいに葉を巻くためには最低180枚の葉が必要。
これから急激に寒くなると、花を咲かせようとしてしまうから、
穂先が伸びてきて葉が育たなくなる。

また、今年は猛暑で日照り続きだったから、石灰欠乏症になる可能性もある。
これにかかると真ん中の芯だけが枯れてしまいます」

なるほど、そうなのか〜

でも先生、その前にうちのvegico野菜はこんなに成長してません。
同じ時期に植えたのにどうしてでしょう?

「そんなの毎日水さえやれば育ちます」
と、あっさり。

そうですか。
引き続き頑張ります・・

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-19 10:41 | rinacoの農業塾

空芯菜よ、ありがとう

私の中の空芯菜のイメージ。

それは、夏を代表する野菜で見た目も生育も力強く、そして口に入れた時のシャキシャキ感がたまらなく美味しい野菜。
ちょっと前にsatominとその友に根こそぎ撤去してもらったように、力強すぎて手に負えないくらい、なかなかの暴れん坊野菜。

そんなイメージしかなかったんだけど。。

秋らしく朝晩すっかり冷え込むようになった今日この頃。
ご近所さんの畑ではこんな可憐な花を咲かせていました。

c0099311_18512951.jpg


そうだった、空芯菜って昼顔科だったのをすっかり忘れてた・・

食べることにばかり目がいって、全く花になんて興味がなかった私。
それどころか、いかに生産性を上げるかばかり考え、みごと失敗しているvegicoの秋野菜。
余裕なくがっついている自分をちょっと反省。

このご近所さんは種を採取するのかな?

農業で生計を立てているのではないんだから、たまにはこんな風に野菜の花を楽しんだりする余裕も必要ですよね。

しばらくの間、ぼんやりと時間が止まったrinacoでした。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-18 18:52

かりん塔にて

来月末に、南区寺塚にあるカフェ、日和さんでのイベントにベジコも参加させていただけることになりました。

器や織物、スィーツなどなど、色々な作り手さんが集まっての楽しげなイベントです。

そんなわけで、先日オーナーさん達と打ち合わせを兼ねて食事会に行ってきました。
場所は赤坂の「かりん塔」。
epiにも掲載されていましたが、行ったのは全員初めて。
変わった名前のメニューが多かったですが、どれも美味しく、特におススメの豚しゃぶは最高!
みんなで楽しい時間を過ごすことができました。

予定としてはカブ・大根・ニンジンなどの冬野菜を販売予定。
楽しそうなイベント内容に妄想は膨らみ、ワクワク。

でも、今年猛暑とひでりのせいで、秋野菜の育ちは最悪なんですよ・・
本来なら水菜やルッコラもこの時期もりもり育ち盛りのはずなのに、見る影もなし。
葉野菜はほぼ全滅に等しいんです。

せっかくのイベント。ほんとにお披露目できるのか、ベジコ。
恐ろしく不安がよぎります・・

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-17 14:04 | 畑からの手紙

土の中で

9月15日に植え付けたじゃがいもが
c0099311_13322199.jpg


先週末、10月6日にはこんな感じ。
c0099311_13331315.jpg


その日の追肥と、昨日の雨で、ぐいぐいっと伸びてくれているはず。

土の中で頑張ってらっしゃる
健全なじゃがいものキモチとしては、
「よーし、出せる芽は、全部出すぞ〜!」。

わさわさと5本、6本、芽を出してきます。

でも、にんげんがほしいのは、芽ではなく芋自体。

だって、ふかし芋、ポテサラ、コロッケ、肉じゃが。。。

なので、栄養が芽にまわりすぎないように、
元気な芽を2〜3本残しで、チョキンと切る。(芽かき)

c0099311_13365812.jpg


このある意味かわいそうな行為に、
「へへへ、これで芋が太るぞ〜」と思うか
「青々とした芽を切るとは、しのびない」と思うか、
別れるところ。

私?

まだまだかわいい畑仕事1年目の時は、後者でした。

収穫後、芋のおいしさに感激した後は、
すっかり前者になってしまいました。

satomin
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-10-11 13:41 | 畑からの手紙