<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

幸せの黄色い落花生

雲ひとつない快晴の糸島半島。

真っ青な空の下に、鮮やかなイエローの落花生の花。

ちびっこから大人までみんな大好きなピーナッツの花です。

秋に太った莢をつけるため、この時期元気いっぱいに花を咲かせています。

c0099311_18372119.jpg


落花生は不思議な植物。
地上で花を咲かせた後は、そこから子房柄が伸びてって地中へ潜り、土の中で実をつける。

ソラマメやエンドウ豆と同じマメ科の中でも珍しい実のつけ方。

茹でて好し、煎って好し、ペーストにして好し、つまみにもおやつにもなる万能選手。

私たちを幸せな気分にしてくれるお野菜のひとつ。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-28 18:37 | 畑からの手紙

おしりからエコ

朝、7時半、畑着。
灼熱の太陽が、いつも後頭部のあたりにいる感じ。
c0099311_1932225.jpg

ほっかむりの有り難さが身にしみる。

昼ごはんは最近定番化した、産直・伊都菜彩のおべんとう。
これは前回の。今日は豪華にお刺身の太巻きを食べた。
c0099311_19324852.jpg


帰宅したら、パンツまで汗かいてるもんで、もちろんシャワー。
だけど、暑すぎて、お湯なんて浴びてらんない。
お風呂の残り湯をザッパン、ザッパン。

ぬる〜い水が、熱中症寸前の身体にキモチイイ!
ガスを使わないでいいので、節エネルギー&節水&お金もいらないと自己満足!

その後、トイレに行って、ふと思った。
身体に水をかぶってもOK。おしりだってもちろんOKやろ〜。
さっそくウォシュレットの水温をゼロにする。

便座は、暖かくなった頃、すでにゼロにしてたけど、
水温のことは、すっかり忘れてて、ちょっと後悔。

秋がきて「冷たッ!!!!」と思うまで、しばらくこのままにしておこっと。

おしりがしもやけにならない程度に、ゆるーくエコります。

satomin

※8/28(火)18:52〜20:23 の間、フクオカは皆既月食だそうです。
 これはみなきゃねー(ビール片手に)!!!!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-24 19:47 | satominトーーク!

今日の畑仕事

お盆明け、rinacoでブログ再始動です。

さて、今年初めて植えたツクネ芋。
植えた後に1株から1個しか芋が取れないという話を聞き(あくまで生産性重視)、ちょっと手が遠のいていましたが、かわいそうなので初お手入れ。

c0099311_10361448.jpg


半分私の頭の中からは消え去られつつあったツクネ芋。
まじまじと見れば右往左往、縦横無尽に蔓を伸ばしてまるで知恵の輪状態。
(ちなみにrinacoは知恵の輪が大嫌いです)
1時間近くこのつくね芋のために時間を費やされ、
かいがいしいお手入れもようやく終了。
(ほんとはちょっと嫌嫌だったけど)


これで収穫できなければ逆切れするかも・・!?。
                                      rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-20 10:37 | 畑からの手紙

夏のおやつ

今日はめんたいマヨをのせて。
ビールがほしくなる、夏のおやつ。
カリリ…。冷え冷え〜。

c0099311_19394564.jpg


ベジコも盆休みします。
来週また、お会いしたいでーす!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-10 19:41 | satominトーーク!

上海のバケツ

1日中、窓全開の我が家。

吹き込む風で、床がザラっとしてきたなと思ったら、拭き掃除。
このバケツとぞうきんの出番です。

c0099311_1753374.jpg


数年前、上海を訪れた時、下町の金物屋に山積みされていたバケツ。
掃除の定番アイテムなのか?よくワカランけど、
ほうろう雑貨は好きだし、ものすごく安いしで、お買い上げ♪

大きなバッグを持っていなかったので、
これを片手にぶら下げて、街をぶらぶら、庭園を見学、小龍包レストランにまで行きました。

すると、非常に感じる、視線・視線・視線!!
上海っ子たちが、なーんか、私をジロジロ見ています。WHY?

その後、バケツと一緒にホテルに戻り、ガイドブックを眺めていたところ、
「上海の下町の長屋にはトイレがなく、バケツに用を足すのが習慣。
 朝、きれいに洗われたバケツが軒下に並ぶ・・・」とのコメントが。

その横にレイアウトされた写真には、
私が買ったバケツが、ずらりと並んでおりました。

旅の恥はかき捨て。

拭き掃除のたびに、この言葉を噛みしめるsatominですわ。オホホ。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-08 17:03 | satominトーーク!

そろそろラストでーす!

昨日もちょっと書いたけれど、
ベジコの夏野菜、かなり終盤戦に入ってまいりました。

この夏は、中央区警固のヨガスタジオユニヴァさんのご厚意で販売もさせていただき
(こんな感じで)
c0099311_90930.jpg


さらに、ベジコサポーターの方には、定期的にご購入いただいたりも!
まだまだ、ものすごーく、小さな輪ですが、ほんのすこし広がった感あり。
ありがとうございます。

そもそも、なぜ、ベジコなのか、というと、
単純に、自分たちで作った野菜のおいしさに感動!!したのが始まりです。

茎で完熟させたトマトの味の濃さ、
土から掘り出してすぐのカブのみずみずしさ、甘さ。

今まで食べてた野菜より、元気200%増しなんですよ。
まな板の上、切ったはしからつまみ食いしてしまうほど。

時には元気すぎて「この味、なんか攻撃的!?」と思うことすらもあるんですが(笑)。

実は、野菜はこんなに美味しいのだ。すごく単純においしいのだ。
そのことだけは、自信をもって言えるし、
逆にある程度の街中で育って、畑仕事などしたことない私たちだから、
ベジコができるのかなーと思うことも。

まあ、難しい話はさておいて、夏野菜、そろそろ終わりです。
盛りもすぎて、味も前述の200%増しとは言えないけれど、
まだまだ、イケます!!!!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-07 09:14 | 畑からの手紙

紫蘇のフリカケ

秋やさいの種まき準備。
紫蘇の畝をきれいにし、堆肥、鶏糞、石灰などをまき、ざっと混ぜておく。

すべての作業が修了したのは、朝の9時半。それでも暑いッ!

家に帰ったら、紫蘇のフリカケづくり。

またの名は「紫蘇の始末」、あるいは「事後処理」とでもいいましょうか。
(数日前、rinacoはジュースにして始末してたっけ)

色気やなにもありゃしない、山盛りの紫蘇。
c0099311_1136503.jpg


とにかく葉をちぎる、おかまいなしにちぎる!がコツ。
c0099311_11375195.jpg


きれいに洗ったら、ザルに山盛りだった。
今年は台風の時の跳ねっ返りで、葉に土が多くついてて。
水道代節約のためにも、畑で洗えば良かったと、ちと後悔。
c0099311_11401121.jpg


切る! 切る!
c0099311_11393555.jpg


千切りにしたものを、ごま油、酒、ちりめん、とうがらし、だし醤油などで炒める。
あくまでフリカケ。「炒め煮」でなく、パラッと仕上げるのです。
(写真とるの忘れた)

完成〜!
おべんとばこに入るほど、カサが減少。
c0099311_1142479.jpg


ご飯にのせたり、冷ややっこにのせたり、麺とあえたり。
もちろんそのままでビールのアテに。好きだな〜、コレ。

冒頭にも書いたけど、畑はもう、季節が秋へと確実に向かってる。
旧暦の感覚でちょうどいいのかも。

夏野菜の収穫は目に見えるように減り、
あんなにおいしかったプチトマトも、
トウだちしたように皮が厚く甘味が少ないのでした。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-06 11:43 | 野菜レシピ/葉もの

これがなくては

夏の三種の神器は、オクラ・ミョウガ・シソ(satomin勝手にランキング)。
c0099311_13152423.jpg


ここに、しらす、豆腐、納豆などのたんぱく源をからめれば。

もしくは、そうめん、炊きたてご飯の炭水化物もあり。

何にも勝る、夏のごはん。

ベランダから、ちりりーんと風鈴の音が聴こえてくる気がします。

今年は去年より、オクラのできがいいもんで、
もう少しだけ楽しめそうです。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-04 13:17 | satominトーーク!

紫蘇ジュース

c0099311_19262592.jpg

この時期大量に取れてしまう紫蘇。
もうそのまま食べるにはちょっと固いし、しかも薬味で大量には食べられない。
ということで、今年は紫蘇ジュースにしてみることしました。

赤紫蘇と青紫蘇の2種。

c0099311_1927211.jpg

赤紫蘇はきれいなワイン色、青紫蘇ジュースも美しい琥珀色で
なかなか美味。


作り方はかなり簡単。
青紫蘇の葉を色が出るまで茹でて、砂糖とレモンを加えるのみ。
青紫蘇は初めて使ってみたけど、紫蘇とはまた一味違うさわやかなお味です。

興味のある方は一度お試しあれ。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-03 19:27 | 野菜レシピ/葉もの

農業塾より

今日はさつまいも掘り。

種類は紅アズマと宮崎イモで、通常のものより早く採れる早生品種。
掘るのは楽しいけれど、先生から「マムシに気をつけて!」なんて言われ、
結構命がけ!?です。

c0099311_14585530.jpg


c0099311_14592856.jpg


まさかこんな畑にもいるとは。マムシはさつまいもが好きらしい。
でも泥んこになりながら、みんなでする芋掘りはいくつになっても楽しい!

ちなみにこの時期、スーパーでは小さいのが1個200円位の超高値で売られているので、とても贅沢品なんです(私のような貧乏人にはたまりません)



c0099311_1501878.jpg


そしてさつまいもの嬉しいおまけ、芋づる。

炒めたりきんぴらにすると美味しんですよね〜



豆知識:さつまいもの保存は13〜15℃が適温。20℃を超すと発芽してしまうので、風通しの良い涼しいところに保存するのがベストだそうです。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-08-03 15:00 | rinacoの農業塾