<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

レンズ豆はかんたんだった!

仕事で久留米の「穀物屋」さんへ。

穀物問屋を母体とする、米・麦・豆・雑穀などを扱うショップなのだけど、
とにかく種類が多い! パンフによると400種類!!

ほえーっと眺めながら、名刺交換。
Mさんの名刺の肩書きは「雑穀エキスパート」だった。
雑穀の持つ雑誌「クウネル」チックな響きと、
エキスパートの持つやる気まんまんな感じ。
バランスが絶妙で素敵!

らっこエキスパート、まんぼうエキスパート、、、いろいろ妄想するとかわいい。

しかし“持つ”と打つたび、“モツ”と変換するのはやめてくれんかの、i book。
いくら私が、希有のモツ鍋好きだからってさー。

話はそれたが、Mさんの「簡単ですよ〜」の言葉で心強くなり、
買ったのがフランス産のレンズ豆。

ほら、よくバルっぽい店で、豚肉とかと煮込まれでてくる黒い小さな豆。
あれ、大好き。

といくことで、冷蔵庫にあった合挽き肉と夏野菜をブチ込んで作ってみました。
レンズ豆と夏野菜の白ワイン煮。

c0099311_18362088.jpg


うまーーーーーーい!! 毎日だっていいわ。白ワインも進む〜。

作り方はいたって簡単。

・にんにく、玉ねぎ、挽肉をオリーブオイル、塩コショウでしっかりいためる。
・いきなりレンズ豆を乾いたまま投入。
・続いて、ピーマンやナスなどお好みの野菜を投入。なじませるように炒める。
・白ワインコップ2杯ほど投入。 ※安ワインでいいので、ケチらずドボドボと。
・沸騰したらフタをして、火を弱め、蒸し煮にする。味は塩コショウで充分!
・豆が柔らかくなったら出来上がり!

材料の組み合わせは何でもOK。
カレー味とかもありだよね(希有のカレー好きでもある)。
Mさんオススメのイカとピーマンも後日試したけど、なかなかなもんで。

常備品に決定!レンズ豆!!
だけど、岩田屋にも売ってなかったんだよね。
ボンラパはどうかしら? もう久留米を再来するしかないのかなー。

satomin
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-31 18:42 | satominトーーク!

Sさんへ

c0099311_2165731.jpg


農業塾で偶然にも13年ぶりに再会したSさん。

ワイン、茶道、太極拳、農業、アウトドアと、とても多趣味で元気な女性。
歳は上だけど、好きな物も似ていて、同じ女性でこんな風に年をとっていけたらいいなあと思っていた人の中のひとりなのですが、急きょ遠くへ引っ越すことになってしまいました。

しっかり主婦もやりながら、好きなワインも仕事にして日本や海外のワインの産地を訪ね歩いたり、農業にも興味を持ち農業塾に通うようになったり。

10年近く続けている太極拳を始めたきっかけは、どんな時でも常に冷静で落ち着いていられる自分になりたかったからとか。

それが今やもう少しで師範になれそうな勢い。

とにかくパワフル。

そんなSさんが最後に残してくれた言葉。

20代はいろんな事が経験できる年代。
30代はその経験が少しづつつながっていく年代。
そして40代はもっともっとそれが繋がっていって、
自分に少しづつ自信がついてくる年代。

“気”をコントロールするとは、精神をコントロールすること。
それは心を鍛えること、心に筋肉をつけることなのだそうです。

10年後、20年後の自分を見据えながら、日々いい“気”を出していれば、周りの環境も良くなっていくし、自分も居心地がいいと。

頑張ります。

Sさんお元気で。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-30 21:07 | rinacoの農業塾

畑での1コマ

連日続く暑さ。

この日も朝からずっと畑仕事。

立ってるだけで汗がポタポタしたたり落ちてきます。

そんな中一人で黙々と草むしり。

するとどこからともなく、おっちゃん登場。



rinaco『おはようございまーす』



おっちゃん『おはようさーん』

rinaco『暑いですねー』

おっちゃん『うーん、たまらんねえ。あんた今年はスイカはどうやったね』

rinaco『今年はイマイチでしたあ』

急に知らないおばちゃん『うちはよう出来たよー』

おっちゃん『あんた来年はプリンスメロンば作らんね。簡単でよかよー。 わしが教えちゃるたい』

rinaco『わーい ありがとうございまーす』

おっちゃん『そうそう、この前言いよったわしの栽培メモ持ってきちゃったばい。
やるけんこれ見て試してみらんねー』

おばちゃん『それとほら、このバジル持って帰り、すごく香りがいいけん』



なーんて会話が飛び交う農園。



名前も知らない人同士だけど、会えば必ず栽培談議。

自分の畑で採れた自慢の野菜をくれたり、美味しい食べ方を教えてくれたり。

畑に来ている人はみな親切。

こんな何気ない会話でうだるような暑さも少し和らぎます。

畑仕事、万歳。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-30 10:17

農業塾より

スイカ泥棒の心配をよそに、前回残しておいたスイカはみな健在。
今日は残りすべてを収穫です。

もうおっちゃん達のはしゃぎようったら・・
まるで子供のようにわーいわーいとニコニコ笑顔。

いい大人だけど、いくつになっても可愛いもんです。

c0099311_1526567.jpg


今回のスイカは前回を上回る体重19キロの超おデブちゃん。

実つきを少なくすると、こんなにも大きく育つもんなんですね。
しかも無農薬。

やはり土作りと追肥のタイミングか、、

自分の畑でもいつか必ず!



今日はその他人参の種まきも皆で行いました。

品種はベーターリッチ。

丁寧に一粒一粒蒔いて土をかぶせた後は、もみ殻燻炭をかけて乾燥予防。

そして不織布を畝全体にかけて、芽が出るのを待つのみ。
今日でカボチャと胡瓜の収穫も終わり、次回はいよいよサツマイモ堀りです。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-29 15:27 | rinacoの農業塾

なにしろ酒好きなもんで

わたくしsatominしかり、rinacoしかり。
近所の畑のおっちゃんしかり。
よくもまあ、こんなにイケる口の子(じゃないけど)がそろったもんだ。

畑呑みがあった日は、たいがい記憶がゆるいし、
我が畑伝導師、Gサンにいたっては、昼間の姿、見る影もなし。

いや、だからこそ、心おきなく飲めるのだ。

そして、ああ、早く家に着いてビールのみたいと思う帰り道 in my car。
いい話しを聞きました。

なぜ、酒飲みのことを左党と言うのか。

一説によると、金づちを持つのは右手、ノミを持つのは左手。
つまり、ノミの手= 飲み手 =左 だからだそうだ。

はあ〜ん、これは江戸っぽい発想!!
落語好きのTちゃんに聞かせたら、いかにもわしゃしゃと笑ってくれそうな落ちですわ。

まあ、野菜はもりもり食べてますが、こんな無駄話しかない今週です。

明日は久々、山にもぐってきます。

satomin
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-27 20:03 | satominトーーク!

トマトの運命

梅雨と台風が去ったあとのトマト。

ぷりぷりのものあれば
c0099311_14154535.jpg


土に落ちるものもある。
c0099311_1416096.jpg


一見、しあわせそうなぷりぷりは、
私ごときに食べられて、血となり肉となり。

土に落ちたグループは、
土に還り、土を肥やし、仲間のトマトの実をふやす。。

トマト人生もいろいろありますな。

satomin
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-24 14:31 | 畑からの手紙

農業塾より

5月からみんなで育てていたスイカ。


結実は少なかったものの、その分一つ一つが大きく育ってくれました。

しかもかなり巨大化。

こんなのスーパーで見たことないっていうくらいオバケスイカです。

体重18キロ・糖度10。女子の手では抱えきれないほどのおデブちゃん。

この日はみんなで1個だけ収穫して、味見会をしました。

c0099311_20243620.jpg

c0099311_20245185.jpg


なかなか大きさがわかりにくいのが残念。



この調子でいけば、他のスイカも月末頃には甘味もアップしてばっちりな予感。

スイカ泥棒に合わないか、それだけが全員の心配ごとなのでした。

   

                              rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-19 20:25 | rinacoの農業塾

元気に生まれておくれ

福岡城跡、けやき通りからの入口に
こんなもの発見。

c0099311_2040459.jpg


手作り感100%でとてもかわいい。
なになにと、近寄ってみると。

c0099311_20405652.jpg


アカミミガメ!?

耳があるカメってはじめてだけど、
身体が赤い耳亀なのか、赤耳の亀なのか。

c0099311_20435123.jpg


正解は大阪のオバチャンのように、くっきりメッシュの亀でした。

日本での愛称“ミドリガメ”。なんとも複雑な生い立ちよ。プッ。

ちなみにこの輩、ミシシッピ出身とのこと。
生態系・・・大丈夫か!?
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-17 20:44 | satominトーーク!

台風前の静けさ

台風が沖縄を通過中。
てんもりにぃにぃのとこに貼り付けてあった動画、雨のホワイトアウトである。

そう言えば、昨日の夜のスコールもすごかった。
紹興酒をぐいぐい飲んでたんで、あんまり大事と思えなかったけど、
今泉あたりは水に漬かってたってね。こわー。

ということで、本業の方は力技でやっつけ、
副業の畑へと向かう、午後3時。

嵐の前の静けさか、畑はだーれもおらず、しかも晴れ。
なぜかすでに萩の花。
c0099311_19552083.jpg


まずは台風対策でトマト棚の修復。
畝も水分たっぷり、ふかふかずぶずぶなので、資材をたてるのにひと苦労。
あまり自信のない仕上がりになってしまった。

その後、収穫作業、可愛くパッキンして、
警固のヨガスタジオユニヴァに並べさせていただきに行く。

ここのお姉さんたちは、ほんとにみんな可愛くて、ついプチトマをプレゼント。
あまりのまぶしさに、なんか照れてしまい、そそくさと帰っていく農婦satomin。
いっつも汚い野良着なんで、もうちょっとオシャレした姿も見せたいもんです(お姉さんたちに)。

今回はミントやバジルも少し置かせていただいた。
反応がいいとよいけど、明日、台風か〜〜〜。

畑のオクラ 蕾のような部分が実になります。

c0099311_19534883.jpg

実るときに、とがった方が空を向く、めずらしい野菜。
ふつう、たれさがりパターンが多いよね。
反逆児です。
雨にうたれて、泥もはねてるし。

さあ、今日はUAE戦!

UAEを「あらぶしゅちょうこくれんぽう」と正しく言えるようになったのも
、サッカーに本代表のおかげさま。
'98年から、ワールドカップを真剣に観戦しだしてからは、
フランス国歌、ブラジル国歌を歌えるようになった。
強いチームの国歌は何回も聞くからね。

しかし、なんというか、外国の国歌は、
日本人の感覚では想像つかない、
うっかり演奏ミスしたような、
エキセントリックな変調をすると思いません?

関連のない2曲をつなげたような感じ。

この落ち着きのない曲が国歌か……と文化の違いを耳で感じる瞬間。

うーん、キライじゃないです。

satomin
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-13 20:00 | 畑からの手紙

rinaco の農業塾より

待ちに待ったカボチャの収穫。

うどんこ病もなんのその。消毒が効いたのか、見事ななりっぷりです。

どっしり、ドーンと地面に腰をおろしているカボチャをみんなで一つ一つ丁寧に収穫。

コルク状になった茎からは水分がじわじわ出てきてみずみずしい。

c0099311_17362264.jpg


なんかオブジェみたいでカワイイ・・。(よく言いすぎ!?)

お家に帰ってベジコカボチャとの味比べをしなければ。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-07-12 17:34 | rinacoの農業塾