<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本日、福岡ベジコの販売日です!

本日は、雑貨屋さん「インビス」にてベジコの野菜を販売中です。

場所は、福岡市中央区・大濠公園裏手。大濠高校の前の道を、ちょっと西新方面に行ったところ。クリスマス雑貨なども揃っていましたので、野菜目当てじゃなくてもぜひ!
c0099311_12334335.jpg


【大根】笑っちゃいますが「おでん大根」という品種です。シャキシャキみずみずしいというより、しっとりときめ細やか。美肌です。ネーミングのとおり、サラダより煮込み料理にオススメ! 1本200円
【にんじん】「インビス」店主絶賛! 味が濃〜い。 2本150円
【かぶ】まずは生のまま、そのみずみずしさを味わって。オリーブオイルでソテーしても美味ですよ。 2個150円
【ラディッシュ】ころんと紅色!おまけに買う感覚で。1束100円
【スティックセニョール】黄色いお花が咲いているのは、いかしたセニョールです。ブロッコリーの細長いバージョン。茎まで食べられるオトク野菜と思ってください。
しかし!!申し訳ないことに、花が咲きすぎて、少々トウがたっていました。茎も固かったです。ごめんなさい。一応、お買い上げの方には、その旨お伝えしてもらうよう、頼んでいますが、★太い部分の表面の皮をむく ★しっかり火を通す の2点に注意して、調理してください。細かく刻んで、スープやグラタンに入れてもOKです。1束150円→100円に値下げ。

スティックセニョールに関しては、ご迷惑をおかけしました。
ほんとうはもっとおいしい野菜なので、残念です。
今後はよりいい状態のものを出せるよう、気をつけます! 

次の販売日は12月7日(木)を予定しています。 福岡ベジコ
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-30 12:51 | 次の販売日はコチラ

親は子の背中を見て育つ!?

60代のウチの親。
私の背中を見てスクスクと育っています!

もともと娘の趣味に首をつっこんでくるクセがありましたが、一緒にできないものも多い。
例えばスノーボードとか、絶対ムリ。ロードバイクも危なっかしいやろうなあ。
でも、山登りは、私たちにひけをとらないほど健脚なんですけどね。やっぱ昔の人は、足腰が強いんでしょう。

それで、野菜づくりには、案の定、喰いついてきました!
2〜3カ月、実家にごぶさたしていた隙に、こんなもん育ててましたよー。

c0099311_1891630.jpg


聖護院大根。でかっ!
生まれ立ての赤ちゃんの頭くらいあります。

昨日、おでんに入れたんですが、煮崩れなくてとっても甘い。聞けば、煮崩れないのが特長とのこと。お鍋を放っといていいんで、助かりますよね。
一昨日は、玉ねぎ・鶏肉と一緒に、和風カレー。これも「おいしーッ!」を連呼するほど。
いえね、こんなの夫婦2人家庭に3玉ももらったら、毎日々々食べるしかないやろって話しなんですけど。
何はともあれ、なかなかやります、ウチの親。

ちなみに植えている場所は、庭のカイヅカの垣根の根元(かなりシュールで笑える光景だった。写真を撮れば良かった〜)。
花壇とかじゃないんですよ。そこでこれだけ育つとは!!
聖護院大根も、なかなかやります。

お庭に小さなスペースがある方は、チャレンジしてみてはいかが?

※千枚漬けにするのは、聖護院大根ではなく、聖護院かぶらだそう。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-29 18:26 | satominトーーク!

販売日の告知は…

次回の販売日の告知は、
ウィンドウ右側のメモ帳に記載します。
そちらの方をごらんください!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-28 14:41 | 次の販売日はコチラ

カブスライス・アンチョビマヨネーズ

生でもおいしい新鮮なカブが手に入ったら、ぜひ!!
カブとアンチョビの組み合わせ、海外では定番らしいですよ


c0099311_1332668.jpg


【材料】
カブ適量、アンチョビ3〜4切、マヨネーズ大さじ1、胡椒少々

【作り方】
●カブをスライスします。輪切り、くし型切りなど、カブの大きさに合わせて適当に。さいの目切りの食感がお好きな方は、それでもOK。

●アンチョビ3〜4切れは、包丁でたたいてペースト状にし、マヨネーズと合わせます。
※アンチョビは、本場の小さくて塩辛い方。オイルサーディンではありません。

●カブにアンチョビマヨネーズをかけて出来上がり!

【memo】
畑の師匠、Gさん(爺さんじゃないですよ!)とその奥様はカブが大好き。
いちばん好きな食べ方は、にんにくのみじん切りとアンチョビの刻んだのをオリーブオイルにと一緒に火にかけてアツアツに。それを生のカブの上にジャッとかけたものだとか。
実はこれ、GさんがNYに旅行に行った時、レストランで出てきたメニュー。
こりゃあうまい!もっとおいしく食べたいから、カブも育ててみよう〜と畑仕事をはじめたそうです。
NYがお百姓デビウのきっかけとは、ちょっと自慢できるんじゃないのお、Gさん!!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-28 13:05 | 野菜レシピ/根菜

ラディッシュちゃん

「ほら、飴ちゃんば食べんしゃい」

福岡では、このように食べ物を“ちゃん付け”するとオバサンと呼ばれます。
(福岡ベジコ:satomin調べ)

は、余談ですが、
ラディッシュって、ほんと、“ちゃん付け”したくなる可愛さです! 
かわいいだけに、スライスしたりせず、丸ごとガリリッと齧るのが好き。
その後、真っ白な歯形のついた断面を、満足げにながめております。
ん、これ、好きな子をいじめたくなる小学生男子と同じ心境なのか…!?

えー、正直に申告すると、洗っているはしからガリリッ。水を切ってる間にガリリッ。結局、食卓に乗るのはちょこっとという始末。へへ。
かわいそうなのは、せっかく畑の手伝いをしても、ラディッシュにありつけないウチの夫。隣の部屋(台所)で、妻がつまみ喰いしてるとも知らず、ゴハンを待っていらっしゃるようで。。。

ラディッシュみたいに可愛い嫁には、とうていなれねーなっ。

c0099311_20303382.jpg


【memo】
写真は、販売用におめかししたラディッシュ。おお、可愛い。福岡ベジコ・rinacoのお手製ポップもいいかんじ。彼女は葉も捨てずに、お味噌汁の具にしてるって。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-27 20:36 | satominトーーク!

カブの簡単ソテー

カブの調理方法は、煮物や酢の物だけじゃない!
白いごはんとも相性バツグン。おかずになるカブ料理です。


c0099311_2065132.jpg


【材料】
カブ中玉2〜3個、カブの葉(あれば)、ベーコン適量(2〜3枚で充分です)、酒少々、オリーブ油適量、バター小さじ1/2、塩コショウ、醤油少々

【作り方】
●カブは中玉1個を6〜8個に切る。カブの葉がきれいな時は、みじん切りにしておく。ベーコンも1cm幅程度のみじん切りに。

●フライパンにベーコンと少量のオリーブ油を入れて弱火にかける。
※ベーコンから出る脂を計算にいれましょう。

●ベーコンが少しカリッとしてきたらカブを入れる(強めの中火で)。塩コショウをする。
※ベーコンの旨味と塩分があるので、塩は少なめに。

●1〜2分炒めたら、酒1/4カップ程度と刻んだカブの葉を入れ、ざっと混ぜ、フライパンにフタをする。ここで弱めの中火にする。

●カブの表面が透明になって、とろりとしてきたらフタを開ける。水分を飛ばすように強めの中火でソテーし、バターを投入。仕上げに醤油を鍋はだから少々たらして出来上がり。
※新鮮なカブなら、中心はうっすら火が通ったくらいが美味! 火を通し過ぎるとベチャッとするので気をつけて

【memo】
個人的にはかなり好きですね〜、この料理。
カブの中ではいちばん好きな食べ方かも! ワイングラスもアッという間に空きますね。ええ、酒呑みなんですよ、福岡ベジコチームは。
今回は、冷蔵庫のすみっこでいじけてたベーコンを使用。鶏もも肉を使えば、しっかりしたおかずにもなります。肉の脂が多い時は、バターの投入はひかえても良し!
ちなみに豚の薄切り肉と合わせて、かつお出汁などをちょいと入れれば、和風のお惣菜の味わいに。カブって素直な味なんで、なんにでも合うんですよね。
今度は、カレー色に、カブをそめてみようかしら〜。BYカレー好き☆
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-27 19:58 | 野菜レシピ/根菜

玉ねぎの植え付け完了!

こんにちは。福岡ベジコのsatominです。

ここんとこ本業が忙しく、レポートがすっかり遅れてすいません(反省)!
何はともあれ、ベジコの畑では、今年も玉ねぎの植え付けが終わりました!

まずは早生の玉ねぎを200本。
さらにふつうの玉ねぎを200本。

普通の農家さんに比べたらかなり少ないですが、その分ベジコの野菜にめぐりあえた方には幸せ〜と思ってもらいたい。がんばります!(写真は定植される前の苗。見た目は完璧にネギですね、こりゃ)
c0099311_121196.jpg


さてさて、畑仕事をはじめる前、白くてみずみずしい早生玉ねぎは、普通の玉ねぎを早採りしたものと思い込んでいましたが、そりゃ大誤解。
苗の種類から違う、全くの別品種だったのですね。

来年春の収穫の頃。
まだかまだかと期待されて、やった!うれしい!!と収穫される早生玉くん。
早生玉くんをすっかり堪能したあとに、あ、あっちもそろそろ収穫しなくちゃ、と、ぞんざいな扱いを受ける普通玉くん。

生まれ変わるなら、ありがたがられる早生玉くんがいいなと思いますよねー。

が、しかし!! 早生玉くんは、一瞬パアッと輝く存在ではあるけれど、アッという間にみんなのお腹の中に入ってしまう。旬を逃せば腐れることもある。

普通玉くんは、軒下に吊るされたりはしてるけど、1年中ずっと一緒の存在。それに、カレーやすき焼きに欠かせない火を通した玉ねぎの甘味って、普通玉くんだけのもの!! 早生玉くんには出せない味らしいですよ。

どちらもいかしたヤツですが、個性はそれぞれ。
なんだか人間味がありませんか?

福岡は少し晴れてきました。
おやすみ予定だった、畑仕事に行こうかな、どうしようかなと思う日曜日でした。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-26 12:03 | 畑からの手紙

豆の種まき、終わりました!

c0099311_11315664.jpg

右は「イーマ味覚糖」ではありません!
スナップえんどうの種なのです。

私も、はじめて目にしたときはビックリしました。
お菓子と間違って食べてしまいそう…!!
が、これも種業界さんの努力のひとつ。
虫から保護する成分などで、コーティングされているらしいです。

他にも、細かすぎて捲きにくい種サイズを、少しでも大きくするためのコーティングもあります。

ちなみに去年は、ハワイアンブルーのほうれん草の種に出会いました。
畑仕事初心者だったんで「ほうれんそうの種って、こんな色だったんだー!」と、すっかり騙されていた私たち。。。

何はともあれ、無事に発芽してくれることを願います!
採れたてのスナップエンドウ、ソラマメをお届けできるのは、5〜6月頃。
ほんと、畑仕事は、気が長い〜。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-10 11:42 | 畑からの手紙

ロケットのカレー

c0099311_10575936.jpg

ロケットサラダやほうれん草がたっぷり手に入った時に!
本格インドカレー屋さんで食べる緑のカレーができちゃいます。


【材料】
ロケットまたはほうれん草2〜3束、タマネギ2個、ニンジン1本、にんにくお好みの料、鶏ひき肉200グラム、カレールー適量、あればワイン2/3カップ、あれば豆の水煮1缶

【作り方】
●ロケットはさっと湯どうしし、ザルにあける。冷めたらみじん切りする。

●タマネギ、ニンジンはごく細かいみじん切りにし、油をひいたフライパンで炒める(弱めの中火)。※塩を少々ふると、水分が出て炒めやすくなります。

●タマネギが透明になってきたら、鶏ひき肉を生のまま加え、さらにしっかり炒める。
※鶏ひき肉の油が出て炒めやすくなります。

●水分がなくなってきたところに、水1cup程度とワインを入れる。しっかりと煮詰めていく。
※アルコールのにおいがしなくなるまで煮詰めましょう。

●いったん火を止め、カレールー(適量)と豆の水煮を加える。この時点では少し濃いめの味付けでOKです。

●カレーの味が落ち着くまで火を通す。
※時間があれば、一度火をとめて30分ほど置いておくと、かなりまろやかになります。

●最後に、ゆでたロケットのみじん切りを入れ、味を整える。
味が薄ければ、スパイスやカレー粉などで調整してください。

【memo】
水分少なめの本格カレー。パンと一緒に食べてもおいしい!
カレールーは市販の固形タイプでも充分おいしいですが、デパートなどに売っている瓶詰めのカレーペースト…本格インド使用のちょっとお高めのヤツ…を使うと、インドっぽさが増しますよ。

【memo-2】
ところで、カレーの隠し味に何を入れますか?
ベジコのsatomin邸では、醤油と味噌。日本人と言えば、コレでしょうー。でも、インドの人が聞いたらびっくりかも。いい感じでコクが出るんで、ぜひお試しあれ。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-10 11:23 | 野菜レシピ/葉もの

にんじんごはん

c0099311_10514152.jpg

にんじんの甘味をぎゅっと引き出して炊き上げます。
お子さんの(大人も!?)にんじん嫌いがなおるかも!


【材料/お米3合の場合】
にんじん1本半〜2本、お米3合、オリーブオイル適量、バター大さじ1、固形スープの素1個、塩・胡椒適量

【作り方】
●お米は洗ってザルにあけておく。

●にんじんをみじん切りにする。大きさはお好みでOK!
※この日はお米3合に、にんじん1本半を使いました。
※にんじんは多くても少なくてもOKですよ。

●オリーブオイル適量とバター大さじ1を落としたフライパンで、にんじんをしっかり炒める。
※にんじんが甘〜くなるまでしっかり炒めるのがポイントです!!!

●お米に水、あればトマトジュースを加え、コンソメの素・塩胡椒少々を加える。
※トマトジュースは、全体水量の1/3程度。3合炊く時は、約1cupを入れます。

●15分以上、お米を水に浸した後、炒めたにんじんを加え、普通に炊飯器で炊き上げる。

【memo】
野菜室のにんじん、そろそろ食べなくちゃ!とあせった時のお役立ちメニュー。
以前は生のにんじんをそのまま炊き込んでいたのですが、しっかり炒めた方がぐっと甘味が出るのを発見。
また、ふだんはバターを控えたごはんにしていますが(さらに太りそうだしね)、このメニューには思いきって大さじ1杯ほど投入!やっぱり香りがいいです。
大人の方は、ブラックペッパーをガリガリかけても、おいしいです。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2006-11-10 10:52 | 野菜レシピ/根菜