カテゴリ:野菜レシピ/根菜( 21 )

お鮨に行けずに

昨日は、木の葉モール「博多旨鮨 小野」の会があったのに、
仕事がおわらず、断念。

口の中のイメージ、酢飯だったのにな〜。

玉ねぎになりそう。。
c0099311_20514726.jpg


新たまねぎ、ゴロゴロゴロと約200個。

収穫して、車に積んで帰ると、
車内の中が玉ねぎフレーバーに満たされます♪

なかなかテンション、あがるっ。

c0099311_20521612.jpg


はじめて見た、ディルの花。

可憐すぎて、気分はローラ・インガルス!
そんなひとりの畑仕事でした。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2011-05-31 09:51 | 野菜レシピ/根菜

素朴なスイートポテト

10月に掘り上げたさつまいも。

芋天、お味噌汁、芋天、お味噌汁のループから、やっと抜け出しました!


c0099311_15323355.jpg



超かんたん、その分素朴なスイートポテト。

これは拳(こぶし)大。
バクダンおにぎりくらいかなあ。

他にも、全長20センチほどの、
どでかスイートポテトを作って、ナツの家に持っていったり。

『ゆでる』『焼く』の作業をのぞけば、10分もかからずできますよ〜。

1/適当な大きさに切って、水にさらしたサツマイモをゆでる。
2/ゆであがったら、マッシュ。裏ごしなどしなくてOK!
3/好みの甘さまで、お砂糖やはちみつを入れる。塩も少々入れる
(今回は、さつまいも中サイズ3個に、てん菜糖大さじ1、はちみつ大さじ1くらい)
4/あれば、バターを入れる
(今回は、20g入れました)
5/好きな大きさに整形して、表面に卵黄を塗り、200度オーブンで20分くらい。
(ウチのオーブンは20年選手なので、アテにしないでください!)
6/できあがり!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-04 15:38 | 野菜レシピ/根菜

にんじんクリームのごはん

またまた、にんじん。
最近、1日、ひとり2本ペースで食べてます。

みかんみたく、
手が、にんじん色になったり、は、しません。



昨日のランチもにんじん1本、いただきました!
c0099311_10501814.jpg


にんじんクリームのごはん
◎にんじん1本をすりおろして、タマネギと一緒に炒める。
◎にんじんが甘くなったら、小麦粉を振り入れる(大さじ2くらい)。
◎小麦粉が全体にまわったら、火を弱めて牛乳を少しずつそそぐ。
◎お好きなトロトロ具合になったら、その時が完成ってことです。
※調味料は塩コショウだけで大丈夫。


これ、かなり好きかも。。。
クリーム系のものが食べたくなったら、作ろうっと。


気に入って夜ごはんにも、同じ材料+ツナ+エリンギで、
ゴージャス版にんじんクリーム。

水分少なめにして、
チーズ、パン粉と一緒にご飯の上に乗せ、
トースターでチン!

偽造ドリアを作成。

これもうまいわ。
喜んで騙されいいお味です。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-10-22 10:58 | 野菜レシピ/根菜

またまた、にんじんレシピ

rinaco家に続いて、ウチもにんじん三昧。

毎日どっかで、かならずお目にかかってる気がするぅ。

c0099311_717316.jpg


『にんじん・ツナ・しらたきの炒め煮』
・人参を千切りにします。
・フライパンにツナ缶の油を入れて、にんじん投入。
・さらに、しらたき(1度茹でて、その後、フライパンでから煎りしたもの)を投入。
・途中でツナを加えつつ、にんじんがお好みの固さになるまで炒めます。
・味を見て、塩気が足りなかったら、塩(コンソメでもいい)をぱらぱら。
・ブラックペッパーでアクセントをつけて出来上がり。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-10-16 07:25 | 野菜レシピ/根菜

今日の収穫

FUKUOKA BIKIに載せていただき、軽く反響を受けて照れる今日この頃。
取材のときに蒔いていた秋野菜の種は無事発芽したものの、収穫まではまだまだ。
この時期に貴重な収穫といえば夏蒔きのニンジン。
野性味あふれる味わいのこのニンジンを味わうべく、今日はたらこと一緒に炒め煮してみました。

c0099311_170181.jpg


太めに千切りしたニンジンを油でいため、酒を振って蒸し煮し、火が通ったらたらこを加えて
混ぜ合わせる。
味付けはたらこの塩加減に合わせて塩コショウ、そして少しの醤油。

ご飯のおかずにもなる簡単お惣菜です。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-10-12 17:02 | 野菜レシピ/根菜

お初れんこん

「今って、れんこんの旬っすかねー?」
「ちがうよ、れんこんは冬やろ」
「そーっすよねー。冬のれんこんが激うまっすよねー」

というチャラ男言葉の会話を先輩と交わしたばかり。

が、しかし、なんかうまそうな太ったれんこんが売っとるなあと、
れんこんフェチの私は、買物カゴに入れてしまう。

家に帰って調べてみると、れんこんって7月から早採りするんですって!

自分で育ててない野菜については、無知です。

タマネギやキャベツみたいに早生種があるのかなあ。

旬のピークは11月〜3月。ああ、待ち遠しい。

c0099311_14523738.jpg


【れんこん塩きんぴら】
さっと水につけたれんこんを、少量のベーコン、オリーブオイルで炒める。
れんこんがホクホクなったら、塩をふって味を調整する。

それだけ。あー、かんたん。

途中で焦げ付くようだったら、水やお酒をふって、炒め煮に。
一回、レンチンしてから炒めてもいいですよね。

これに、にんにく&トウガラシを入れた【れんこんペペロン】もおいしいです。



切り方をもうちょっと工夫したら、
ジグゾーパズルみたいになりそうだな。

今度、やってみよ。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-08-26 14:56 | 野菜レシピ/根菜

間引きニンジンのムニエル

いやー、、おいしかった!!

冷蔵庫の奥に忘れ去ってた、間引きニンジンをムニエルで食べました。

間引きニンジン、小さくて可愛いから大好きで、
ベジコ畑で間引いたのはもちろん持って帰るし、
産直で見かけたら、ぜったい買いっ!!!

ニンジンの形のまんま焼くのは、
大きなサイズのニンジンじゃ、できっこないメニューだし。

ぐりとぐらが食べてそうだし。

そうゆうこと妄想しながら食べると楽しいし。

しかし、しかし、
夏野菜って、あまり手をかけなくてもおいしいもんが多いから、
切っただけ、焼いただけ系の料理が増えてるな、最近(笑)。

c0099311_933965.jpg


【間引きニンジンのムニエル】
1/葉を落とした間引きニンジンをよく洗う。
  (とくに茎のところね。砂が入ってたりします)

2/たて半分に切る。

3/小麦粉を軽くはたく。

4/フライパンにオリーブオイルを引いて、弱火で両面をじわっと焼く。
  塩こしょうもお好きなタイミングで♪

以上!!

簡単すぎて書くほどでもないですねっ。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-06-25 09:07 | 野菜レシピ/根菜

タケノコのバター醤油

久山町のKさんからいただいたタケノコ。

土佐煮かタケノコご飯くらいしか作ったことがなかったんですけど、
rinacoが「バター醤油焼したら、おいしいよー」と教えてくれたので作ってみました!

c0099311_1922532.jpg


【タケノコのバター醤油/レシピ】
1/ゆでタケノコを1センチ幅くらいに切る。
2/フライパンにうすーくオリーブオイルを塗って焼きます。
  ※中火くらい。タケノコが冷たい時はじわじわ弱火であたためながら。
3/表面がこんがりしてきたら、バターを5グラムほど投入。
4/バターが溶けたら、醤油をまわしかけ、できあがり。

バターは香りつけ程度で大丈夫です。

いや〜。コレ、おいしいね。
和食の味つけより、タケノコらしさ、素材感が
ストレートに伝わる感じ!

洋風タケノコ料理に、開眼しました☆

キリっと冷やした、白ワインにも合いそうだ〜。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-05-07 19:29 | 野菜レシピ/根菜

納豆・トマト・炒め玉ねぎみじん

最近の大ヒット。

納豆おかずなのに、トマト効果でさっぱりさわやかなんですよね。
これからの季節いい感じです。

そういや、中学の同級生のT田は、
「納豆には醤油じゃない。ケチャップだってば!」と言ってました。

そして、その意見は、保守的な食卓に育った私でも
すんなり受け入れる美味しさでした。。。

c0099311_0544955.jpg


ベジオも「これは写真撮っとおてくれい!」と言ってくれたプチおかず。

納豆+トマト+玉ねぎ(炒め)+おまけでカイワレ。
ごはんにも、手巻きにも、蕎麦にも、パスタにも、最高です。

唯一コツを言うなら、玉ねぎは細かいみじん切りで、
必ず炒めて混ぜること。甘味と香ばしさがいいかんじです。

そして、ブラぺを降ってもうまいってことでしょうか。

味付けは、納豆のタレでも充分です。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-04-29 00:55 | 野菜レシピ/根菜

冬プラス春で

めずらしく家に牛肉がありました(笑)。

と言っても、細切れがほんのほんのちょこっとなので、
れんこんと一緒に“塩きんぴら”に。

c0099311_16125384.jpg


作り方は、きんぴらと一緒の要領。

で、お醤油&甘いもの(砂糖・みりん)を入れず、
お出汁と塩のみで味付けします。

バターとか、すり下ろしにんにくを入れても、
ペペロンチーノっぽくておいしいです。

そして、大好きな“葉たまねぎ”を見つけたので、
葉の部分のみザクザク刻んでプラス。

やんわり、あまあま。大好きです。

春の味覚もすこしプラス!できました。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2009-02-27 16:17 | 野菜レシピ/根菜