カテゴリ:畑からの手紙( 163 )

記念樹

c0099311_2228478.jpg


畑のポタジェでは、2年越しに大きく太ったチャイブの花が満開。

お花畑担当のベジッパラちゃんは、今日は新たに果樹に挑戦です。

じゃーん

c0099311_22301272.jpg


レモンの苗。「はるかレモン」

そしてもひとつ。

c0099311_22305069.jpg


リンゴの苗。「はるかりんご」


娘、はるか誕生の記念樹です。

大きく育ってたわわに実りますように。。(以前植えたレモンはすぐに枯れちゃったけど)


rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2011-05-07 22:35 | 畑からの手紙

4月30日

天気がいいので、べじっぱらちゃんと畑へ。
先日satominと夏野菜の準備はほぼ終わったので、今日はやり残したこと諸々を。

・なす追加で植え付け&支柱立て
・スイカの苗植え付け
・アピオス植え付け。ちょっと遅いけど、偶然種イモを見つけたので、試しに。アレルギーに効くらしい。
・スナップエンドウの収穫
c0099311_18253982.jpg

・新玉ねぎの収穫。今年はあんまり大きく育たなかったなあ。
c0099311_1826193.jpg

そして、、、
新種の苔かと思いきや、なんと去年植えていた赤紫蘇のこぼれ種から発芽した紫蘇の群れ。。
c0099311_18264395.jpg

この前satominから「紫蘇の芽がたくさん出てたよ~!」って言われてたけど、余りにも密集してたから気付かなかった。これだったのね。。
すさまじい発芽力。
残りの作業は赤紫蘇の植えかえに決定。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2011-05-04 18:34 | 畑からの手紙

すっかり春です

この日はぽかぽか陽気で心もウキウキ。
畑をお休みしてから早4ヶ月です。
気持ちがそわそわしてきて落ち着かず、とうとうお嬢を道連れに畑へ行ってしまいました。
といっても、お嬢はまだ首も据わっていない途方もなく無力な人なので、車なの中でベジッパラちゃんにお守りをお任せして軽く育児放棄。

畑では野菜たちが一気につぼみをつけていて、すっかり春でした。
いやあ~久々の畑、楽しい!大地のパワーをもらった感じです!

c0099311_23394996.jpg


これはベジッパラちゃんのお花畑コーナーに咲く、一株のアネモネ。

癒されます。

春といえばもう一つ。
大好きなイチゴ。

畑から帰ると、イチゴ狩りに行っていた母・孝子が摘みたてのイチゴを持って来てくれました。

c0099311_23401281.jpg


さすが孝子。全部かなりの大粒です。
ぴかぴか光ってつやつや。超フレッシュ!

ああ~春ってやっぱりいいですね。
この浮かれ気分のまま、また育児に頑張れそう。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2011-03-28 23:47 | 畑からの手紙

にんじん種まき

その昔、インドに行ってたとき、
ネパールから出稼ぎに来てた、やさしい兄さんたちいたなー。

インドのみんなは、超エネルギッシュで圧倒されて、
こっちも身構えてしまうパターンが、多々ありだった。

でも、ネパールのひとって、日本人と同じ香りというか、
当たりもソフトだし、なごむ〜〜。

そんな脳内の記憶を呼び起こさせる、夫・ベジオリンの風貌。

c0099311_1537457.jpg


毛、伸びたな。


にんじんの種をまいた後は、、前屈。

c0099311_15532127.jpg


板でぎゅうぎゅう、押し付ける。
踏んづけてもいいくらい、固く押し付ける。

にんじんの時のルールです。

種まき、好きです。
またワンシーズン始まる感じが。


さて、話は変わりますが、
3月29日(火)はコレを観ながら、メイド・イン・東北を喰らいたい。

募金した。
節電はいっつもしてる。

献血する前に、
食いしん坊らしく、わずかながらの援護射撃を。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2011-03-23 16:05 | 畑からの手紙

冬の畑

雨水を貯めている、でっかいバケツが、
ビニールごと、凍りついてた。
c0099311_1038313.jpg


もちろん、躊躇なく、割る!

ちなみに、去年はこんな経験なし。

ある日、ベランダに出していたじょうろを手に取ると、
中で、ゴロンゴロンと音がする。

ビールの空き缶でも転がり込んだと思ったら、溶けかかりの氷だった。

そんだけ、今年は寒いのね、福岡。

それでも、なぜか豊作。
c0099311_104143100.jpg


今年のおいも『出島』は、とにかくでかいっ!!!

c0099311_1044516.jpg


主に長崎でつくられる品種だけど、こんなのスーパーで見ないな。

品種『出島』のデは、でかいのデ。と覚える。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2011-02-01 10:44 | 畑からの手紙

今年もか

2週間ほど前、猟銃を持ったおじちゃんたちがベジオさんそっくりの
わんこたちを引き連れてイノシシ退治に出かけていたけど、失敗したのかな。

畑のいたるところに猪っこたちの足跡が。

c0099311_19131843.jpg


c0099311_19133748.jpg


最近ぱったり被害がなくなってたから、油断してました。
ジャガイモなんて、明らかに試し掘りしてみたものの、まだなのを見極めた感がありあり。
去年は確か植えつけたばかりの種イモを全部食べられてたっけ。
まだじゃがいもは花がついてないから、収穫時期は早くて年末か1月。
それまでにはすべて猪っこたちの胃袋に入ってるかも。。

見なかったことにしよう。。。


rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-12-14 19:17 | 畑からの手紙

12月11日

ご無沙汰です。

臨月に入り、頻繁におなかが張るので、ここ最近は冬眠のような生活をしてました。

久々の畑です。

今日の収穫。

じゃーん。

c0099311_2045897.jpg


今日採れた冬野菜たち。

オレンジに白にブラウンに赤・・

カラフルできれーい。

見てその自然の色の美しさにしばしうっとり、食べても美味しいで

一番幸せを感じる収穫の時。

でも寒いので早々に逃げ帰ってきました。


rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-12-11 20:08 | 畑からの手紙

しょうが大量収穫

c0099311_2013954.jpg


むらさきカブに続き、こちらも初収穫のしょうが。
堀りたてのしょうがは一面にスパイシーな強い香りが漂ってびっくり!
今まで、ショウガの香りにこんなに感動したことはなかったかも。
たまに追肥する程度でほぼ放任で育てた感じだったけど、立派なしょうが大量収穫です。

あんまりあっても使いきれないので、早速、ジャム作り。
茎とヒゲ根を取ってきれいに洗い、皮付きのままバーミックスできめ細かくおろしたら(もちろんおろし器でもOK)、黒糖と三温糖、お水とレモン汁と一緒に鍋に入れて、まったりした状態になるまで弱火で練る。

c0099311_201175.jpg


冷めたらかなりとろみが強まってジャム状に。
加熱してもショウガの香りやジューシーさは変わらないみたい。
お湯で溶いて飲めば風味豊かなショウガ湯に、ホットミルクに入れてもおいしいです。

今回作った配合は
ショウガ1:黒糖と三温糖あわせて1:水1:レモン汁適量
好みで甘みをきび糖や蜂蜜に替えても良さそう。

男子なのに冷え性のべじっぱらちゃんにも大好評でした。
寝る前に飲んで身体ぽかぽか。
寒いこの時期、おすすめです。

c0099311_2021377.jpg


rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-15 20:05 | 畑からの手紙

11月13日

妊娠9ヶ月に入り、さすがに体が重くて、背中や腰がとてつもなく痛む日々。
あまりの痛さに診てもらったら、赤ちゃんが下に降りてきていて早産傾向にあるので、極力横になっているようにとのこと(なぜか横になると赤ちゃんが上に上がるので、痛みがなくなるらしい)。
その言葉にちょっとびびってしまったものの、懲りずに畑へ。
この日は4人フルメンバー揃ったので、重労働の畝立てや豆のネット張りなどはsatomin&ベジオさんにお任せして、もっぱら収穫中心の楽しい作業担当に甘えさせてもらいました。(どうもすんません)

c0099311_2193595.jpg


2週間ほど前まではまだ赤ちゃんサイズだったカブも、ピチピチした大人に成長。
この時期は肉質も柔らかいし、きめの細かいお肌で、まさに食べ頃。
あんまり大きくなりすぎると、トウが立って筋っぽくなってしまうんですよね。(人間と一緒ですね。悲しい。)
ヨーロッパ産のむらさきカブも、日光にあたったところだけが薄紫に色づいて、白とのコントラストがとてもきれい。

初栽培の品種なので、とりあえずタコと一緒にマリネにしてみました。調味料はEXバージンオイルと塩、胡椒、ワインビネガーのみ。
甘みがあって優しい味です。

c0099311_21113432.jpg

こちらも自家採種用に種を残しておかなければ。(また来週も畑へ行く気満々)



rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-14 21:12 | 畑からの手紙

ふたば、アレコレ

ひと袋に、レタス系の品種あれこれが、ミックスされた種を蒔いた。

紫が入っているサニーレタス。

ふたばの時から紫。

三つ子の魂、百まで。

c0099311_138172.jpg



そして、高菜の新芽。

畑歴も5年ほどになるけれど、学ばない私。

またまた種を蒔きすぎ!

c0099311_1383222.jpg


ああ、もどかしすぎる、間引きをするはめに。



とは言え、同じように蒔いても、
まばらにしか発芽しない時もあるし。


畑を5年やっても、
この時期の種まきは5回しか経験ないわけだし。

ブツブツつぶやきながら、ブツブツふたばを抜きました。

特に、解決策は立てないまま、
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-11-08 13:16 | 畑からの手紙