6月 堆肥の小屋づくり その1

所々の事情で、なにげに頓挫しそうだったNEW 畑

でも、めでたく正式に貸していただけることとなり、いよいよ開墾スタート。

切って枯らした雑草を除去して、それから近所の農家の方に、
機械で畑をすいてもらうおう〜と計画しています。

そこで、除去した雑草をためるための
堆肥づくり用の箱、小さな小屋みたいなのを作ることに。

畑の養分をすいとった雑草などを自分たちで堆肥にして、
また畑に戻してあげたいなあ〜というのが第一の理由。

第二の理由は、
そうしないと雑草を燃やしたり、捨てに行ったりしなきゃいけないからです。



さて、数日前。
『制作プランナー…私、satomin』、 『実際につくる人…夫のベジオ』
だったはずが、最近仕事が多忙なベジオは、もちろんのように休日出勤することが判明。

やばい! だれか誘おうか…と思ったけど、
私の知ってる『DO IT YOURSELF』なお友達はNORAちゃんだけ。
しかも、彼女は美容師だから、週末は休めっこない。

じゃあ、シロウトふたりで頭をかかえても、意味ないなあ!!ということで、
ひとりでできるか、やってみよー!!!!!!!!!!!!!!!!! ゴーゴゴー。

ひとりでやる。と腹が決まると、責任感がぐっと増す。

さらに、大工仕事をする時は、いい加減に考えていると痛い目にあうのは知っている。

なので、前日、飯倉のダイクスまで、急きょ下見に行くことに。
材料の種類をチェックして、頭の中でシュミレーション作業をくりかえし、とりあえず帰宅。

明日、小屋材料を運ぶという、『軽トラックの仕事』をさせられるのは、ビュイック。
c0099311_1753618.jpg

世界でいちばん可愛そうなアメ車やん。
農道より、ハイウェイ走りたいやろうに!!!!

でも、あなたがウチの車で、ほんと助かってるわあ。

田舎893が乗ってそうな強面だけど、
180×90のコンパネ、余裕で運べるしね。

と、小屋づくりは…まだまだ続く。
いや、まだ、はじまってもないから!
[PR]
by fukuoka-vegico | 2008-06-09 16:58 | NEW畑 開拓中!


<< 6月 堆肥の小屋づくり その2 玉ねぎの酢漬け >>