むすび庵で里芋掘り

日曜日。

朝、起きたら、寒い〜〜ッ!!   だけどめげずに、
筑紫野市にある「むすび庵」へ。

rinacoと、どんなトコだろうね〜?と話していた「むすび庵」。
なんと、ダビツ先輩が「僕、前に一度、おじゃましたことありますよ〜」とのこと!
ベランダ菜園が趣味のダビツ家と一緒に行ってきました。

私たちは里芋掘り隊。
畑は住宅地の中、8カ所に点在しているそうで、
里芋畑からはゆめタウンと3号線バイパス。
(写真横でスイマセン)

c0099311_18144936.jpg


ふだんはスコップで、傷つけないよう大切に掘るそうですが、
今日は三つ又鍬で大胆に! 
芋の下を狙って、ザクッと鍬をいれた後、
テコの原理で芋をひっくり返すように掘っていきます。
根っこがブチブチ切れる音、きれいに姿を現す芋。けっこう小気味イイ作業です。

c0099311_1821812.jpg


c0099311_18311422.jpg

いろいろ教えてくださった、「むすび庵」研修生&元研修生のみなさん。
あ、手前の坊やは違います。
ダビツ家の虫博士。

土の中、冬眠中のカベチョロを叩きおこし、
ハイパーワールドに連れていってました。

印象的だったので、研修生のみなさんがみんなニッコニッコの笑顔だったこと。

参加している方も明るくて気持ちいい方ばかりなんだけど、
研修生のみなさんの表情は、明らかにその上をいく晴れやかさだったような。

毎日、土と向き合っていると、ああなるのかな、と
ちょっとうらやましい一日でした。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-11-19 18:31 | 畑からの手紙


<< お米なくなって「ペペたま」 台湾の原住民タイヤル属の野菜 >>