玉ねぎの植え方レッスン

去年に引き続き、今年も植え付け予定の早生玉葱の苗。

c0099311_1714562.jpg


その数、200本。(今回一人なのでちょっと寂しい・・)

今更ながら、先生に改めて植え付け方法を教えていただくことに。
意外と知ってるようで知らない基本。
ここでおさらいです。

【玉葱苗の見極め方】
なるべく細いものが良質。
直径が1センチ以上もあると、早くトウ立ちしてしまいます。

【玉葱苗の植え方】
★マルチを張る。絶対必要ではないけど、貼っておくと雑草が生えず後が楽。
マルチは畝と畝の間の溝にまで張ってしまうと、水が土に浸み込まなくなってしまうので、
畝の表面だけにする事。

★マルチを貼ったら、上から15センチ間隔で小さな穴をあけていく。
(親指の太さくらいかな)

★きれいな苗を選んで、根を半分ほど切る。これは知らなくてびっくり!
玉ねぎの成長に必要な根は、今ある根っこの周りの白い部分から出てくる為、
あんまり必要ないらしいです。

c0099311_17162357.jpg


★植え付けは根っこの上の茶色い薄皮が隠れる程度。
(ちょうど軍手の指が刺している部分。結構浅植えです)
この時、根っこは全部土に隠れなくてもOK。

c0099311_1717274.jpg


こうして植え付け完了。

c0099311_17154354.jpg


注)ベジコ玉葱はマルチを貼ってません。

後は20日後と年明けの2回追肥をするのみ。
追肥は2月いっぱいまでが限度です。それ以上遅れると、早くトウ立ちしてしまいます。

「のんび〜り、自分のペースで楽しく植え付けていくのが一番だよ〜」
と、言いながら、この日先生は一人で500本植え付けてありました。

rinacoは200本。

まだまだひよっこです。

 rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-11-14 17:17 | 畑からの手紙


<< 知ること 農業塾より  そしてカツオ菜の... >>