いんげん、その後

昨日の予告どうり(?)の夕食。

c0099311_1220082.jpg


超・手抜き。いんげんオンリーの白和え。

いんげんは茹でた後、コロコロにカット。
木綿豆腐にきび糖、ごま、粉末のお出汁をふりいれ、摺り摺り摺り摺り。
なめらかになったら、いんげんを投入し、ざっとまぜる。

水切りは、洗ったお豆腐を容器に戻し(水は張っていない)、
30分くらい放置しただけ。

それでもんまい!

そういえば、いんげんを小さく切ったので、
噛む時の“キュッキュ音”は聞きそびれることに。残念。

しかし、またしても大量につくってしまった。
(写真は、昨日の晩・今朝・さっき昼、と3回食べた後)

おかずはもちろん、パスタや焼そばなどを作っても
「うちって何人家族?」と、問いただされる…。

でもさー、例えば、玉ねぎを1/4個ずつ使う、、とかいう、
ご丁寧な料理はあんまりしたことなくて。

キリのいい感じで材料を使っていくと、必然的に量も増えるのよ、
作っている本人が、びっくりするくらい。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-06-20 12:33 | satominトーーク!


<< 恐るべし、ズッキーニ いんげんといえば >>