空とソラマメ

昨日はひさびさに、ベジコメンバーのrinacoと一緒に糸島へ。
鍬を振りおろしてきました!
c0099311_1129260.jpg

冬の間は、きれいに畝を作らず、土をぐしゃぐしゃにしておきます。
さらに、地下深くにあった土は地上へ、地上にあった土は地下へひっくり返す「天地返し」を実行。ジメッとした下の方の土が、風にあたって気持ちよさげでした。

そして大好きなソラマメ。
現在、身長10センチ程度。
c0099311_11533253.jpg

ソラマメの名前の由来は、その房が空に向かってのびるから。
房のおしりは、ぶらさがっているのが常識なのに、
ツーンと空につきだしている光景は、けっこう不思議で可愛いもんです。

ソラマメが、おしりを突き出す、糸島の空
c0099311_11572383.jpg

(俳句じゃないけど575になってました!照。)

ああ、天気予報どおり、雨がザーザーと降ってきました。
きのうは春みたいに、晴れていたのにね。
[PR]
by fukuoka-vegico | 2007-01-26 11:57 | 畑からの手紙


<< 2月は逃げる 新年終了! >>