やらず豆とサクサク王子

c0099311_2211366.jpg


どちらも筋なしインゲン。

左は福岡の在来種のムラサキ菜豆、ずんぐりむっくり。
初収穫。
右は名前の通り食感がサクサクしているらしい、サクサク王子。
かなりスマートな容姿。こちらも初収穫。

ムラサキ豆菜は別名やらず豆とも呼ばれ、美味しくて人にあげたくないほどの美味しさから、その名がついたのだとか。皮に紫色の筋と、トウが立っても柔らかくて美味しいのが特徴らしい。昔ながらの野暮ったい容姿と、あんまり柔らかそうに見えないのが素朴でいい感じ。
茹でて食べてみると、確かに柔らかいし味が濃い。

サクサク王子はサカタのタネが開発した、アスパラのようなサクっとした食感がウリのインゲンらしいけど、確かに通常の筋なしインゲンよりサクッとしてて、なんか新しい感じ!

同じインゲンでも全く違うから驚き。
個人的にはムラサキ豆菜のほうが好みかな。

大事に種を残していかなければ。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-07-05 22:12 | rinacoトーーク!


<< 梅干し3週間目 初組み合わせ >>