今日の種まき

以前からとても興味があった在来種や固定種の栽培。
在来種とはある地方で長年栽培され、その地方の風土に適応した品種のことです。
固定種はいろんな土地でそこの風土に適応して代々育まれてきた品種。
自然交配や何年にも渡り選抜淘汰して育種されてきたものなので、遺伝的にも安定しているそうです。
一般に出回っている交配種のF1と大きく違う点は、1代限りではなく種を自家採取していくことができること。
F1ももちろん種は採れますが、それを蒔いても同じ品種のものができる可能性は少ないんです。
固定種はF1のようにたくさんの収穫量や安定した形状はないけれど、
何世代も生きぬいてきたその生命力と品種の多様性が、とても魅力的。
種から野菜になって、花を咲かせまた種に戻る。本来当たり前の生命の循環を
自分の畑で見てみたい。

そんなわけで早速仕入れてみました。

じゃ~ん

c0099311_22471953.jpg


鹿児島在来の青茄子と九州に伝わる丸茄子。
こんなナス、スーパーでは見たことない。

茄子を種から育てるのは初めてだけど、とりあえずポットに蒔いてみました。

うまくいけば数年後には畑の環境に馴染んで、ベジコオリジナル野菜ができるかもです。
ちゃんと育つかドキドキだけど、とりあえず頑張ろう。

rinaco
[PR]
by fukuoka-vegico | 2010-03-09 22:58 | 畑からの手紙


<< 3月 ずんずん、対馬 >>